月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六月の短歌 其の四

佳品嘆美43

(メダルド・ロッソ『この子を見よ』1906–1907年)


初夏や紫陽花咲きぬ大理石(なめいし)の裸形の美女の像をめぐりて
(堀口大學『パンの笛』)

.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.


妖艶かつ絢爛たる言葉を駆使する詩人の目は、石から彫り出された美を初夏の花影にとらえる。新しい「自然」の創造、それが芸術。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

五月の短歌 其の伍

佳品嘆美42
(ジャクソン・ポロック『Number 1A』1948年)

松の葉の葉毎に結ぶ白露の置きてはこぼれこぼれては置く
(正岡子規『竹乃里歌』)

.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.


虚子の計らいで臥室の窓に入った硝子。病で寝たきりのまま、景色を洞察する歌人の目に、緑は滲み、涙のごとき露はこぼれる。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン

三月の短歌 其の四

佳品嘆美41
(ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー『白のシンフォニー第1番-白の少女』1862年)

かそかなる幻―昼をすぎにけり。髪にふれつつ低きもの音
(釋迢空『埃風』)

.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.


愛するものは皆逝いて、髪にふれる指も今は無く、白日の光の下に立つのは幻影ばかりーー流離の果ては何も無い美しさを詠う晩年の作。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン


二月の短歌 其の参

佳品嘆美40
狩野芳崖『悲母観音』


くわんおん の しろき ひたひ に やうらく の かげ うごかして かぜ わたる みゆ
(会津八一『南京新唱』)

.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.


早春の風が観音様の額を撫で、宝冠から下がる飾りの影を揺らす。見えない自然を見るのが詩人の眼、伝えるのが歌人の言葉である。



※※※※※



会津八一は残された歌の少ない歌人である。一年に作られた歌は数首、それをまたさらにストイックな推敲を重ねて、活字になってさえあれもこれもと手直しの工夫を続けていたらしい。

そんな彼が徹底して、仮名の表記にこだわった歌は、判り辛いと批判もされたが、ひらがなの円みに包まれて自在に広がる世界は、研ぎ澄まされた美意識が選び取った言葉に、歌を詠む歌人の覚悟が骨子となって情景を支え、自然をとらえる詩人の眼を確かなものと伝えるのである。

八一が詠う仏像も、小鳥や鹿といった生きものたちも、この国のおおらかな原風景の中に美しき命をもった言葉ですくい取られ、堅苦しい概念から解き放たれて、こころに強く沁み入るあるがままの存在としてその輪郭を露わにする。

歌だけでなく、書道や古美術研究の方面でも著名で、その持論は彼の歌同様、実に個性的ながら自由闊達でそして曲がらない。
書道においては、書法や筆法といったマニュアルめいた方法論を嫌って、用いる筆記道具の本性を知り、それに沿って表現する強さ、自由さを好んでいたようだ。
創作者として既成の型にはめられず、他人から方向性を押しつけられたくないという、凄まじいまでの孤高の覚悟が滲んでいる。
不器用だが個性のあるがままでいたい、オリジナルの風格にあふれている。

自分自身でありたい、その覚悟を極めたい八一は次のような言葉を弟子に残す。

「人は八面多角にてもよし、一方一面一意一徹にてもよし、但しどちらにしても落ちつきて意思強く自重自敬自尊自恃なるべし、一方一面に貫徹すれば四方八面に目もひらけ来るものなれば、すべて下界からの刺戟誘引に目を閉ざして自分の志を重しとし、其志の赴く方へ全力を用ゐらるれば急がずとも自分として行くべきところ行き得るところまでは行けるなり。
たヾし此落ちつくといふことは我等にても今尚ほむつかしきことの一つにて考へ居ることにて、折々おもひ出しては落ちつくやう落ちつくやうと心がけて居るありさまにて候へば、貴下の年配としてはむしろ当然とも考へられることながら、御同様気をつけて落ちつきて美しき人になりたく候。」


自分の本性に正直に、生きる覚悟を曲げないひと、美しきひとは美しい世界へ視野を広げてくれるのである。





話変わって、いよいよソチ五輪が開幕する。

前の五輪から長かったような、あっという間だったような時間の流れがある。

傍で観ているだけの人間がそう感じるのだから、当の選手たちにはどれほどかけがえがなく、またどれほど待ち焦がれた時間だったことだろうと思う。

さて、浅田選手、ここにきて最早彼女に、誰が何を求め、何を告げることがあるだろう。

これまで既に、彼女によってこの国の多くの人びとは、多くの楽しい夢を見、多くの新しい世界を知り、多くの美しい贈り物を受け取ってきた。
ソチ五輪の演技は、彼女からこの国だけでなく世界中のフィギュア・ファンに向けて投げかけられる、美しい花束のようなメッセージである。

あなたがあなた自身の屋台骨とする美しいアクセル、そしてすべての演技が「落ちつきて意思強く自重自敬自尊自恃なる」覚悟で、氷上に華麗な氷痕を残すとき、凍った冬の時間は緩やかにほぐれて、甘い春の目覚めをいざなうだろう。

浅田選手の、観音様にもたとえられる美しい額に、二月のやわらかな風が触れ、あたたかな光がどんな金銀宝石よりも輝かしい、天の栄光を告げてゆくように。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン




一月の短歌 其の参

佳品嘆美38
レオナルド・ダ・ヴィンチ『洗礼者ヨハネ』1513-1516年


あたらしき年の晨に思ふかないまひとつ宇宙あるといふ説
(島田修二『春秋帖』)

.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.


誰もが一度は思うだろう。自分にはもしや別の選択、ほかの人生があったかもと。だがそれは、光年の彼方にひらく朝の夢の欠片だ。



※※※※※



拙ブログへご訪問いただいた皆さま、温かいコメントを変わらずお寄せくださるモジさま、ホビットさま、踊り子さま、キャベツさま、Mさま、花屋さまはじめ多くの皆さま、本当に長らくのご無沙汰申し訳ありません。
皆さまのお言葉とお気持ちはありがたくいただいております。

まさきつねは息災でおります。
フィギュア報道の動向やいくつかのブログ記事も見ておりますが、言葉にて発する内容がまとまりません。
言い訳ではありませんがただひとつだけお伝えしておきたいのは、あのバンクーバーの年と同じ言葉を不用意に吐き出したくないという思いはあります。

皆さまもご存じの通り、浅田選手は変わりました。ジャンプの跳び方やスケーティングは勿論のこと、メンタルの強さもそのオーラも、さらに磨きがかかり、パフォーマンスの芸術的な美しさや完成度はもはや他の追随を許す領域にないと云って好いでしょう。

しかしスポーツ競技である以上、数値的な評価はどんなに無粋でも付いてまわります。そして数字ほど、世の中に欺瞞を蔓延らせるのに都合の好い手段はないのです。
今更、フィギュア・スケートがスポーツか芸術かと不毛な論争を繰り返すつもりはありませんが、このソチ五輪のシーズンをもって競技用のリンクを去る幾人かの選手たちとともに、身体芸術としての美学はその極限と終焉を同時に迎えることになるのだろうと、まさきつねは感じています。

無論、時代が移り変わるのは当然のことで、まさきつねは決して過去だけを尊ぶアナクロニズムを良しとはしませんが、たとえばルネサンスの芸術作品などを観るとき、たしかに「失われた時間は戻らず」、二度と訪れることのない豊穣の時代というものはあるのだと実感せざるを得ません。

現在や未来が悪いとは思いませんが、懐かしい過去の持つ優しさ、甘さ、美しさはまさに愛の夢です。

過去に思いをはせるとき、ひとは何を悔やみ、誰を悼むのでしょう。
もしかしたら違う人生、違う選択、違う結果を欲するのでしょうか。

ヨハネの差す指の先、そこに確かに啓示はあり、人は確かにたゆまぬ歩みを続けることができるのでしょうか。


誰もが迷い続けて、正しい答えなどいつまでたっても見つけられない人生ですが、それでも花は美しく咲き、鳥は楽しく啼いて、風は芳しく野辺を渡ります。

後悔も反省もない人生など誰にもありはしないと思いますが、せめて過去と同じだけの光が未来にも降りそそぎ、美に充たされた風景がこの先見つめる世界にもずっと広がってあるように、新しい年の初めに祈りたいと思います。


佳品嘆美39



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。