月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸辺で、いつか

AI2.jpg


まずは、このたびの震災でエントリーに上げるのを延期していた連載記事である。
日経新聞のWEB版にも掲載されているので、すでにご覧になっている方が多いと思う。

            ※            ※

駆ける魂
フィギュア史を彩る教え子たち コーチ・佐藤信夫(上)2011/3/14

平日昼下がりのスケートリンクは、大人のレッスンクラス。佐藤信夫(69)が80代の女性の手をとると、みるみる滑りがなめらかになった。助言する真剣な姿は、試合で小塚崇彦や浅田真央を見る時と同じ。

■飾らない誠実な人柄
佐藤の歩みは、戦後フィギュア史と同調する。
仕事の丁寧さを感じさせる。「彼女は50代から始めてね。このリンク(新横浜スケートセンター)は暖かいでしょ。うっすら解けてね、いい氷になる。氷がいいと技術も上がる。施設の進歩も、今の日本フィギュアを支えてるんですよ」。飾らない、誠実な人柄がそのまま表れた口調で話す。
佐藤がフィギュアに出会って今年で60年目。昨年、日本人2人目の世界フィギュアの殿堂入りを果たした。その歩みは、戦後日本フィギュア史と同調する。選手として全日本選手権10連覇、1960年スコーバレー五輪14位、64年インスブルック五輪8位入賞、65年世界選手権4位入賞。日本初の3回転ジャンパーでもある。

■世界の浅田も指導
66年に引退後、就職した。だが、札幌五輪開催を6年後に控え、日本代表コーチに推される。68年グルノーブル五輪では後に妻になる久美子、小塚の父、嗣彦を教えた。「生徒を次々引き受けるうちに抜き差しならなくなり、会社の自己評価シートも書けず、こうなりました」。会社を辞め、コーチ業に専念する。
性格同様、「嘘がなく、現実的な取り組み方をする」(娘で、94年世界選手権金メダルの有香)手法は、着実に選手を生み出し続けた。松村充、小川勝、さらに夫妻でクラスを持つようになり、有香と小塚崇彦をゼロから育てた。
2人を頼りにやって来たのは村主章枝、中野友加里、安藤美姫、荒川静香。そして「あれだけ頼まれたら(断れない)」と今季から見るのが世界女王の浅田。フィギュア史を彩る選手ばかりだ。

■絶えざる自己否定で進化
コーチ道に秘策はない。強いて言えば、絶えざる自己否定か。「指導者は一貫性がないといけないといわれるけど、僕は自分のしてきたことを否定していいと思っている」。例えば、スケートを走らせるため、かつては姿勢をピシッとすることが求められた。だが、トーラー・クランストン(76年インス ブルック五輪男子銅メダル)の登場以降、体幹部を曲げて踊ってみせる滑りが、良しとされるようになった。
昨日の主流が明日の傍流になることの連続。「もう自分の時代は終わりかなって思ったりもするけど。幸い、選手時代から(海外選手の)模倣で始まっているから、新しいものを取り入れることに抵抗はない」

■「意外に大ざっぱ」
それでも今は想像外のことが次々に起こる。フィギュアブームといえる近年は、外野の声がとみにかまびすしい。コーチと別につく振付師、人気選手を担当するエージェント、期待をかける親。「特に98年長野五輪以降、指導が難しくなった」とため息も出る。
それでも信夫はあまり深刻そうに見えない。「意外に大ざっぱなの。抜けてるというか、重箱の隅はつつかない。だから続くんだと思う」と久美子。6歳から83歳までの生徒を相手に、今も毎日、朝から夜まで氷の上に立つ(敬称略)

            ※            ※

駆ける魂
欧米との差を痛感 フィギュアコーチ・佐藤信夫(中) 2011/3/15

終戦から7年後の大阪。まだ娯楽が少なかったがゆえ、梅田や難波のスケートリンクは大人気で、靴を借りるのに2時間待ちは当たり前だった。戦前スケートをしていた佐藤信夫(69)の母は指導にかり出され、10歳の信夫少年もついていった。
「スケートを楽しいって思ったことはない」。山越え、谷越えの繰り返しで今がある。

■小学6年の夏、本格的に始める
「子供だから遊びは好き。スケートもその1つだった」。1953年、小学6年の夏に本格的に始めた。土足では氷が汚れると思っていたのか、リンク周辺に入るのに、観客も選手も専用の木製サンダルに履き替えていたような時代だ。
57年、15歳の時に、初めて全日本選手権を制した。フリーで、日本人として初めて2回転ルッツを跳んでの大逆転優勝だった。当時は6時間の練習が基本。うち4~5時間は、得点割合が高かった、氷上に図形を描く規定(コンパルソリー、今は廃止)の練習にかけるため、一般滑走時間外の早朝に滑った。
昔の整氷は水をまくだけ。氷が厚くならないように何回もまかないので、削れた氷が雪のように積もる。「一般客が滑る外周部分だけが摩擦でとけて氷がきれいなので、みんなでそこの取り合いになった」。

■「外国の人に勝てるなんて思えない」
初めての国際大会、60年スコーバレー五輪の公式練習でも同じ要領で8の字を描いていたら「えらい怒鳴られた。邪魔だって」。米国には整氷機があり、どこでも氷がきれいなことを知る。
海外では見るもの、聞くもの、新しいことばかりだった。圧倒的な欧米との差に、「外国の人に勝てるなんて、百パーセント思えなかった」。この初の五輪でバタンと転び、アゴが氷につく寸前の写真が新聞を飾ったのには「困った」。

■コーチとして力不足を指摘
だが関大卒業後、初めてコンディショニング法を学んでから力が伸び、65年世界選手権で4位、翌年5位と結果を出した。それでも、24歳で引退。引き留められたが「フィギュアは見た目以上にハードだし、家族に(金銭的、精神的な)負担もかかる。シングルの選手は23、24歳がピークだと思う」と未練はなかった。
すぐコーチになり、トップ選手担当となるが、自分もまだ頭より体の方が動く年ごろ。「こうやればいいんだって、自分で跳んで見せて、堂々と していました」。今思えば、指導とはとても言えない。72年札幌五輪に向け、日本スケート連盟がコーチ指導のために呼んだスイス人指導者からは「私だったら君を田舎で子ども相手のコーチにする」と、力不足を指摘された。

■理論的に指導、消化に時間
「このターンはこう」「フリーレッグ(着氷しない足)はこう」と、欧州流の指導は理論的な正確さを選手に求めた。それまでの佐藤は米国流。 スケーティングの流れや美しさを重視するやり方だったから、「頭の中がグチャグチャになっちゃった」。消化して、自分のものにするまでに数年かかった。
「スケートを楽しいって思ったことは一度もない。とにかく頑張るしかないって思っていた。これが今の人流に言う、“楽しんだ”ことになるんですかね?」
山越え、谷越えの繰り返しで、今がある。関大リンクには功労者として高橋大輔、織田信成と並び、佐藤信夫、久美子夫妻の写真が大きく飾られている。(敬称略)

            ※            ※

賭ける魂
「滑る技術」徹底的に フィギュアコーチ・佐藤信夫(下)2011/3/16
佐藤信夫の指導は、高いスケーティング技術が身につくことで知られる。なぜ、スケートは滑るのか?
「すべてはそこから始まる。その原点から1つのルートで(技まで)つながらなければ、どこかで技術が間違っているのでしょう」

■優れたスケーティング技術の見本
現在米国代表選手をコーチとして教える娘の有香と、手を引くような小さいころから指導を始めた小塚崇彦。佐藤が手ほどきした2人は、国際スケート連盟の講習会でも、優れたスケーティング技術の見本として取り上げられるほどだ。
途中から指導を仰ぎにきた選手にも、その技術をおろそかにはさせない。浅田真央もしかり。「世界女王に2度もなった人に変なこと言うと問題が起きるから、頭の中で整理して、どこから料理しようかとは考えますよ」。やっぱり、指導は原点のスケーティング技術からだった。
欲張らず、自分のすべきことをするのが佐藤流。

■とにかく観察
もちろん、すぐに変化は出ないし、うまくいかない時期もある。その点、妻の久美子も有香も、佐藤の最大のすごさにあげる「辛抱強さ」がものをいう。
とにかく観察し続ける。「私がカッカするようなときもクール。大したもんだって思う。逆に、何でこんな(明白な)ことが分からないんだって、思うときもあるけど」と久美子。
コーチの中には少しいじるだけで、選手に劇的な変化を起こす人がいる。対照的に、階段を一段目から上らせる佐藤には「確実に上手にするが、時間がかかる。待てない人もいる」という声がある。
だが佐藤は「僕は不器用だから。でも、選手はいつかは壁にぶつかる。その原因を解きほぐすには振りだしに戻らないといけない。だったら振りだしから始めた方が早いねって言うんだ」。
浅田がやってきて半年。浅田にとっても「こうだから、こういうことするんだ」と新発見だらけだったという。佐藤は「でも何だかんだ言っているうちに、いつの間にか滑りが変わってるんだから、やっぱりすごい人ですよ」。

■世界トップクラスを2人も担当
今、新米コーチの有香が佐藤に助言を仰ぎ、佐藤も米デトロイトを拠点にする有香に振付師選びや衣装探し、ブロードウエー人脈を活用したダンスレッスンなどを頼る形ができた。いつしかフィギュア界で“佐藤ファミリー”として知られるようになっている。
浅田と小塚という世界トップクラスを2人も担当すると、気は休まらない。「でも(指導者として)幸せですよね」と久美子。気が早く「14年ソチ五輪でダブルメダルを」と言う人もいる。「そんなことを考えたら、リンクに足が向かないですよ」と佐藤。
「不思議なことに」競技生活、コーチ人生で一度も順位を考えたことがない。「自分が弱いからかな。でも、3割打者でも大打者でしょう。10回試合して3回ニコニコできればって考えている」
では特大の一発を最高の舞台でと振ると、苦笑い。欲張らず、自分のすべきことをするのが、佐藤流だった。(敬称略)

。。。。。。。。。。。。。。。

c228950f.jpg

「欲張らず、自分のすべきことをするのが、佐藤流」
この一節が、今回の震災後の日本人にとっても、これほど大きな示唆となる言葉になるとは、当時取材した記者も思わなかっただろう。

誰もが今、出来ることを出来るだけするということでしか、日本を襲った未曾有の危機を乗り越えることは出来ない。他人の行動を誹ったり、自らの行動をひけらかしたりするのも、誰にも何の益もない。

ただそれぞれが、それぞれの生き方、考え方を自らに改めて問い直しながら、自らの良心の命ずるがままに行動していくしかないのだ。

誰もが問われているのは、ただ己の生だ。

幸か不幸か競技ではないのだから、順位は端から関係ない。始まりもなく、終わりもない。
夢のたどり着く先は誰にも分からないけれど、誰もがニコニコできるような場所で、未来が生まれた故郷でいつかまた、あなたとめぐり会えたら何よりもうれしい。

フィギュア235-3


さて、話が変わるのだが、だいぶ前にいただいたコメントで気になっていた内容について。

そのコメントでは、一部の浅田選手ファンの中に過剰に安藤選手を叩く語り口が時として見受けられるということについて、その悪意の堪えがたき存在に悲痛な思いで胸を痛められ、多少の憂いと嘆きのこもったご心情が切々と吐露されていた。無論、誤解のないように言っておくが、ファンの行動に一切、選手自身の責任はない。そもそも選手の人間関係や感情がファンの行動に影響を与えているということなど一切ないのだから、ファンが行ったことやその発言が選手自身のイメージや評価に直結するようなことがあるとすれば、それこそ本末転倒の嘆かわしき現況と言わざるを得ない。

先日、拙ブログへ時々お越しいただく夕焼けさまという方のブログにお邪魔したのだが、そちらで奇しくも、いわゆるキムヨナ・マンセーとマヲタと俗に呼ばれるような一部の狂信的ファンについての記事を拝読した。
狂信的なファンに関しては、かつてSAWAKICHIさんといった著名なブロガーさんなども苦言を呈されていたが、どの選手のファンであろうと結局、その論法や言い分にさほど違いがある訳ではなく、その原理主義的な盲信の不合理性があらゆる方面にとって迷惑千万極まることは、紛うことなき事実なのだ。

中でも最も嘆かわしい反応が、ある選手を過激なほど熱狂的に支持するあまりに、ほかの選手に対して過剰なアンチ行動や発言をするというもので、それが例えば、最初に上げた拙ブログのコメントにあったような、浅田選手ファンによるアンチ安藤選手といった、日本人選手のファン同士による対立の構図なのだと思う。

浅田選手がいつ、いかなる時も一位、もしくは優勝でないと我慢ならないという狂信的なファンにおいては、その攻撃対象も安藤選手にとどまらず、浅田選手に対して批判あるいは過小評価発言をしたと思われる場合は、村主選手や荒川さんなどが標的になったり、あるいは若手で浅田選手を凌駕すると予想されるような時は村上選手がやり玉にあげられたりという図式のようだ。

今季、やにわに高まった村上選手に山田コーチまで巻き込んだアンチ村上の風潮とそれに対する村上選手擁護論は、拙ブログにも「村上選手に厳し過ぎる意見では」といったコメントが寄せられるほど、彼女についてのどんな批評どんな感想ひとつを口にしても、さまざまな誤解、曲解を生むような勢いでフィギュア界を二分していた。
村主選手や荒川さんについても、多かれ少なかれ同じような現象が起こっていたと記憶するのだが、否定的であれ肯定的であれ、たとえどのような意見だろうと、個人の主観の入った純粋な感想を言葉に出来ない状況が生まれること自体、息が詰まりそうな閉塞感を感じてしまう。

ところで、こうした狂信的ファンによる弊害にはどうにも眉を顰めざるを得ないというのも正直な話だが、無論、浅田選手ファンだけがほかの選手に対するアンチ行動をするという訳ではないことも事実だ。
浅田選手ファンがいれば、その一方でアンチ浅田選手も存在する訳で、こうした人間がする行動も発言の論法もまったく狂信的な浅田選手ファンと同じで、彼らがほかの選手を誹謗中傷するのと同様の手法によって、浅田選手を讒言するのである。

まさきつねがいささか胸を痛めたのが、安藤選手が2007-2008シーズン、世界選手権で棄権するくらい不調と苦悩に苛まれていた頃、安藤選手以外の中野選手や鈴木選手らに囲まれた浅田選手の写真に「安藤選手がいないとこんなに和やかです」といったコメントを恥知らずにも貼り付ける輩がいたのだが、今季GPFが行われた中国でのバンケットパーティ写真には同じ手口で、(出場していないのだからいなくて当然なのだが)「真央がいないとこんなに和やか」と安藤選手、鈴木選手の笑顔に添えてコメントを書き込んでいた人間がいたことである。

アンチ人間のスレッドやコメントには、誰それがいないと和やかだとか、友達がいないくらい人格に欠陥があるとか、昨今の教育現場にいくらでも転がっている、いじめ問題に共通しそうな論法や言葉尻が羅列されまくりである。表情や話し方、立ち居振る舞いにも人格的欠損の顕れであるかのような難癖をつけるばかりか、衣装や化粧、どんなわずかな隙にもあら探しの目を向け、CMやバラエティは勿論、特集やインタビューなど露出したメディアにはことごとく非難や反発の集中砲火を浴びせるくらい、茶飯事に行われるのである。
ネットの匿名性を良いことにして、選手の人格や常識について勝手気ままに誹謗し、挙句に無知や無教養、さらには自閉症だの発達障害だのと知能や精神的な不全をちらつかせた名誉棄損としか思えないような罵詈雑言を並べ立ててしまう。選手に個人的な恨みがある訳でも、確執がある訳でもない、(あるのならいっそ合理的なのだが)何ひとつ納得の出来る理屈も背景もなく、中傷発言をする人間の多くは選手個人とは縁も所縁もない精神病質者としか言いようのない部類の人種である。

ここまで書いてきて、いささか物悲しくなってきたのだが、まさきつねは決してファンの贔屓、依怙贔屓をすべて否定しているのではない。むしろ、すべての選手を同じように好きで同じように応援しているというのは、さすがにそりゃあ嘘だろうと突っ込みたくもなるし、まさきつね自身もそんな優等生的発言をしようなどとは思わない。だが、自分の好き嫌いを基準にして、贔屓選手の対抗相手を理由もなく批判したり、根拠もなく貶めたりする必要性も感じないし、そんなことで自己満足が得られると盲信する幼児性も持ち合わせていない。

しかし実際のところ、不毛なアンチ同士の言い争い、貶し合いに何らかのカタルシスを得ている人間がいるのだとしたら、あるいはそうした状況を演出して楽しんでいる「荒らし」と呼ばれる人間もいるのだとしたら、それもまたネット社会におけるひとつの現実であることに間違いないのだろう。

当初の佐藤コーチの記事紹介という本分からすると、何とも泥にまみれた内容になってきて申し訳ないのだが、これもすべて浅田選手というひとりのスター選手をめぐってネット社会の中で渦巻いている、現代が抱える負の側面であることに相違ないのだ。

アンチの卑屈で狭量なものの見方、異常で陰湿な加虐的発言、嫉妬と羨望の念に充ちた執拗な言いがかり、事実無根かどうかに関係なく口汚く罵る悪口毒舌の数々といった、とても健全とは思えない精神構造による行為ではあるが、たとえ良識的とは言えないものであっても、そこにはファンの狂信性とは真逆の視点や発想が必ず含まれ、根底に潜む病理性という部分では結びつく。
どんな素晴らしい人間や才能に対しても、信奉者や熱狂者しか存在しないという図式はあり得ないのだから、アンチとファンはその行動原理やパターン、あるいは数量において均衡を保っているという訳だ。
帳尻合わせと言ってはいかにも短絡的で乱暴だが、見様によっては、矛盾に充ちて残酷な人間社会の一面を顕在化しているし、浅田選手や浅田選手のフリークたるひとたちは、この不条理性や苛酷な実相を認識しつつ、克服せねばならぬというハンデを与えられてしまったということなのだろう。

それにしても結局は、匿名性というネット社会の闇にまぎれて、自らの未熟さ、無知、不勉強、思い違いを誰からも指摘、叱責されることなく、何ら道義的責任や罪悪感を負うこともなく、現実の自分とは違う自分を演じている人間の仕出かす、悪趣味で卑劣な非人道的言動であることは明確なのだ。こうした因業は現実にいくらでも転がっている、社会全体が抱えるべき負債だ。

そこで、このエントリーの最初に掲げた佐藤コーチの「欲張らず、自分のすべきことをするのが、佐藤流」という言葉にもう一度立ち返りたい。
匿名で行うネットの書き込みも、募金も、たとえ名前を隠してはいても名前のない人間の行動ではなく、名前と責任を持った人間の行為であるからこそ意味を持つのだ。

他者を誹るものでも、他者にひけらかすものでもなく、自分の名前に誇りを持つ者の誇りを持った行為として「自分のすべきことをする」行為として、行われるべきことなのだ。
自分のしたことはいずれ、自分のもとに立ち返ってくる。押し寄せる未来の波は、引き寄せた過去の人間の仕業である。
穏やかで優しい、光の煌めくさざなみが、未来のこどもたちの足元に静かに打ち寄せていることを夢見たい。そのとき、誰もがニコニコと笑いながら今と同じように騒がしい未来の岸辺で、いつかあなたとめぐり会いたい。

AI3.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ぽちお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。