月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月の短歌 其の弐

佳品嘆美23

ウジェーヌ・グラッセ『マルケ・インク』1892年


ラルースのことばを愛す“わたくしはあらゆる風に載りて種蒔く”
(篠弘『昨日の絵』)

佳品嘆美24


.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.

            
ラルースの商標に描かれる蒲公英の綿毛を吹く女性のように、世界に智慧の種を蒔く。優しい愛を育むやわらかき春の風とともに。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。