月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月の短歌 其の弐

佳品嘆美25

ジョン・エヴァレット・ミレー『目覚め(起床)』1865年

おとうとよ忘るるなかれ天翔ける鳥たち重き内臓もつを
(伊藤一彦『瞑鳥記』)


.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.


命あるものは等しく内に重たき生命器官を持つ。天高く飛翔しようとする魂は、使用期限付きの肉体に対するアンチ・テーゼなのだ。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。