月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライラック便り

フィギュア331-1


朝 夜が明けるときに
露に濡れた草をかき分けて
私はさわやかな空気を吸いに出かけよう
かぐわしい木陰に
ライラックの花が咲き誇るところ
私はそこで幸せを見つけたい

人生にはたったひとつの幸せがある
私はそれを見つけたい
その幸せはライラックの花の中にあるのだ
緑の枝の上に
このかぐわしい花の房の中
私のつつましい幸せが咲いている
(エカテリーナ・ベケートワ『ライラック』)


フィギュア331-2


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


浅田選手の新プログラムが発表になった。


SP = ノクターン 第2番変ホ長調 作品9の2 作曲:フレデリック・ショパン 振付:ローリー・ニコル
FS = ピアノ協奏曲第2番 作曲:セルゲイ・ラフマニノフ 振付:タチアナ・タラソワ 
EX = Smile&What a wonderful world 作曲:チャールズ・チャップリン 振付:ローリー・ニコル

※※※※※

浅田真央、ソチ五輪のプログラム公表
2013年5月31日(デイリースポーツ)


フィギュアスケートの浅田真央=中京大=が31日、大阪市内で夏の恒例のアイスショー「THE ICE(ザ・アイス)」(7月24、25日=愛知公演、同27、28日=大阪公演)の発表記者会見に出席し、14年ソチ五輪シーズンのプログラムを明かした。  
ショートプログラムはショパンの「ノクターン」、フリーはバンクーバー五輪シーズンのフリー「鐘」と同じラフマニノフ作曲の「ピアノ協奏曲第2番」、エキシビションはチャップリンの「スマイル」に決定。
早ければ同公演でお披露目する予定で「新しいプログラムを披露することになるので凄く楽しみ」と、意気込んだ。

フィギュア331-4

フィギュア331-5

フィギュア331-6

フィギュア331-7

フィギュア331-8


ちなみにこのワンピースはナネット・レポー。

フィギュア331-9

フィギュア331-10

(…天使柄が良く似合ってますニャ)

※※※※※※※※※※


ラフマニノフとショパン…クラシックの名曲で五輪を闘うと各メディアが伝えている。
だがひとことにクラシックと言っても、その世界は実に多様で、本来は十把一絡げにできないものなのだ。

例えば、このふたりの作曲家に限定しても、ともにロマン派と大雑把にくくってしまうとらえ方もあるだろうが、生きていた時代も国も違い、生前の接点はほとんどない。
ともに作曲家兼ピアノ演奏家ではあるが、生み出された作品も、その演奏の表現も、曲想、技術、スケールどの側面をとりあげてもまったくといってよいほど重なるところのない個性なのだ。

無論言わずもがなだが、まさきつねはこのふたりのどちらが優れているとか、その才能や創造活動に優劣をつけている訳では毛頭ない。

繊細で優雅、音の透明感と柔らかさ、美しい旋律を味わうにはこの上ないショパンの世界だが、その本当の魅力は甘くはかない砂糖菓子のような部分ではなく、祖国への郷愁と、後悔と悲哀に充ちた人生への葛藤と懺悔がこめられた深い精神性、そして骨太の物語を秘めたメロディーの構成力にある。

つまり、ショパンのピアノを奏でるのは、力強い確信を持った指でなくてはならないし、その強靭なタッチが優しく軽やかなピアニシモを縦横無尽に編み出してこそ、彼の優雅な旋律の中に人間の深いドラマや、官能的でしびれるようなエロティシズムをもたらすことができるのだ。

ラフマニノフの方といえば、ショパン以上に誤解の多い作曲家で、ロマン派の甘ったるい音楽と酷評されるかと思えば、民俗音楽へのインスパイアがチャイコフスキーばりにシベリアの広大な大地に育まれた国民的作曲家と、まるでロシア限定のような人気に焦点が当てられたりするのだが、いずれも硬派の音楽評論家やスノッブな音楽家たちの曲解によって広められた風潮だろう。

ラフマニノフの音楽はショパン以上に抒情性豊かで、重厚なテクスチュアの下に多彩な表現が隠され、巧みな構成力と巧緻で色彩感溢れる管弦楽法が、近年では高く評価されている。西欧の厳格で伝統的な音楽理論を踏襲しつつ、甘美な旋律と煌めき転がるような装飾音のつらなりが、革新的な衝撃と華麗な絵画的イメージを与えるのだ。

浅田選手がこのふたりの音楽を選曲したのは勿論、これまでの彼女の戦績や演技との相性、そして好みなど、さまざまな側面を熟慮したものだろう。
この選択が浅田選手の最も価値ある結果へつながっていくことを心から信じているが、同時にショパンとラフマニノフ、ふたりの作曲家の作品の本質的な魅力が、彼女の演技によって多くのひとに再確認されることを願っている。

なぜなら浅田選手の演技は、一見水が流れるようによどみなくしなやかで、その中にふんだんに盛り込まれた難度の高いジャンプと軽やかなステップ、華やかなトランジションに目が奪われがちだが、観客に何度でも観たいと言わしめる演技の、もっとも味わい深く趣き深い部分は、言葉で語られる以上に饒舌で情趣にあふれた物語性、潤いがあり影があり、官能的な響きがある肢体のムーヴメントにあるのだ。

バランス、緊張、躍動と静止。

いのちのエロティシズムを身体で表現し得る彼女だからこそ、ショパンやラフマニノフの音楽も、その肉感的な輪郭を浮き彫りにすることができ、その精神的な深さを掘り下げることができる。

チャップリンの『スマイル』とあわせて、音楽やそれを創った芸術家たちのその本質的な魅力を、浅田選手の演技でさらに膨らませて、観客たちのこころゆくまで堪能させてほしい。


フィギュア331-11


さて、最後にご紹介したいのは、ラフマニノフによるショパンの『ノクターン』の演奏。

☆Rachmaninoff plays Chopin Nocturne Op. 9 No. 2☆


この演奏は、まさにラフマニノフのショパンで、それ以上でもそれ以下でもない。
ショパンの書いた楽譜の『ノクターン』ではなく、ラフマニノフが表現したい『ノクターン』がやわらかく、優しく、優雅なシルエットで立ち現れる。

右手が叩く旋律は骨太で硬質、媚びるような飾り気が一切なく、純粋で美しい。対する左手の方は抒情性に充ちて、繊細に揺れ動くこころの動きのようにうちふるえ、鍵盤に小鳥の羽ばたきのような影を残す。
誰に聞かせるでもなく、ただ自分のこころをショパンの旋律の上にのせてゆく、それだけに一心を傾けているピアニストの演奏。


浅田選手の演技も、ショパンやラフマニノフの旋律の上に静かに自分自身のこころをあずけてゆく、小鳥が翼をひろげて、自由に氷の上を飛びまわっているような、何にもとらわれないものであるように。


※ラフマニノフのコンチェルトに関するジンクスについては、まさきつねもこの際、書かない。
女子選手の青い衣装と同レベルの言い伝えだが、今の浅田選手にとって、ジンクスにこころが折れる程度の意気込みで、五輪シーズンに臨んでいる訳ではないということなのだと思う。


ついでにラフマニノフ演奏のコンチェルトも。

☆Rachmaninoff plays Piano Concerto 2 Full☆

フィギュア331-3


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。