月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントニオはかく語りき 其の壱


前のエントリーでアボット選手とジュベール選手の話題が出たので、続けて彼らのSPを振り付けたアントニオ・ナハロのインタビューをご紹介する。
ただし、かなり長く、さまざまな内容に渡って話をしているので、些末部分を省略し、ポイントごとに重要な部分のみをかいつまんだ訳文を掲載している点をご了承いただきたい。

Antonio Najarro: "Each skater is a different world"By Reut Golinsky
http://www.absoluteskating.com/interviews/2010antonionajarro.html


アントニオ・ナハロ『スケーターそれぞれに違う世界を』

アントニオ・ナハロ、彼はスペインの国内外で、スパニッシュ・ダンスとフラメンコの最も著名な第一人者である。フィギュアスケート界では、2002年ソルトレイク五輪の金メダリスト、マリナ・アニシナ&グウェンダル・ペーゼラのオリジナルダンス『フラメンコ』を提供した振付師だ。(中略)

http://www.youtube.com/watch?v=pSEzcIb7uqQ


記者:アントニオ、このオフシーズン最も大きなニュースの一つは、あなたのジェレミー・アボットそしてブライアン・ジュベールと一緒の共同作業なんだけど。どういうきっかけだったの?

ナハロ:彼らから連絡があったんだ。私は2002年(アニシナ/ペーゼラ)からスケーターと一緒の仕事をしている。その頃からずっと、スケーターに本物のダンサーのように接するといった、ちょっと違ったアプローチをする私の仕事に、スケーターたちがとても興味を持ってくれたんだよ。私のやり方では、氷を離れて、スタジオでも彼らといろんな練習をするからね。私は、スケーターが単にステップやいくつかの動作で演技するのじゃなくて、本物のダンサーのように舞踏表現しているという違いに、観衆は気づくだろうと思うんだ。それに、彼らはそれぞれが全く違っているからね、スケーターの個性を見極めようと気をつけているよ。

記者:彼らの中には「スパニッシュスタイル」のプログラムを滑るのが、想像も出来ない選手もいるんじゃない?

ナハロ:フィギュアスケートファンはいつも、頭から決めつけてしまいがちなんだよ。どちらかといえばがっしりしたスケーターのブライアン・ジュベールを見たら、彼らはすぐに「いやいや、彼にこれは出来ないよ」と言うんだ。でもそんなことはないのさ。それぞれのスケーターの個性的なスタイルを見極め、彼らに合ったフラメンコプログラム、もしくは殊更その選手の特性に合ったものがあるなら、他のジャンルでも良いんだけど、そうした作品を作っていくのが、巧い振付師だと思うんだ。そうやってようやく優秀な振付師になれるんだよ。ステップや腕の動きやポジションを練るだけとか、ましてやスケーター誰もに同じことをさせるとかでは、駄目なんだ。スケーターというものを知らなくちゃ。選手の個性や、動きのスタイル、潜在能力というものをね。それでようやく、選手にふさわしい振り付けを作ることが出来るのさ。

記者:彼らのことや個性に精通するのは、どのくらいの時間がかかるの?アメリカではジェレミーと、ほんの数日しか一緒に過ごしてないようだけど…

ナハロ:ジェレミーとは、初日からばっちりだったよ。前にも彼のスケートを観ていたしね。初日に、私たちはスタジオで4時間を過ごし、私はいろんなフラメンコの動きを彼に教えたんだ。私のフラメンコは、きみもショーで観ているだろうけど、とっても現代的なんだよ。純粋なフラメンコじゃなくて、いろんなダンスの様式がたくさん入ってる。一時間くらいやってればスケーターのことを大半は理解出来るよ。スケーターの個性は、彼らの所作に顕れるものだからね。それはダンサーだって同じことで、踊り方に彼らの人となりが見えるのさ、いつだってね。

記者:ジェレミーの動きだけから判断すれば、彼が情熱的な人物であるとはとても見えないけど。

ナハロ:彼の新しいプログラムを観れば分かるさ!(笑)たとえば、ブライアン。彼は氷の上では男っぽくて、力強いだろ。そのことは私の作業をより楽なものにしてくれたよ。フラメンコの男性舞踏家は大抵、質実剛健で男らしいものだからね。でも彼には、振り付けの動きをするのが難しかったんだ。ジェレミーの方はもっと柔らかく、滑らかな動きをする。彼は、力強い表現をするのは難しいんだけど、別な言い方をすれば、もっと複雑な振り付けをすることには長けているのさ。現代的な動きを取り入れた、もっと違う手法の振りみたいなことにね。それで彼の方はふんだんな動作を生かした振り付けをして、ブライアンには、もう少しシンプルにして、もっと力強く見える振り付けをしたんだよ。
彼らは全く違うタイプのスケーターなんだし、私はそれぞれに対処法を心得ておかないと駄目なんだよ。たとえば、非常に芸術的かつ素晴らしいダンサーでもあるランビエールに、フラメンコのプログラムを作ったとき。私は彼のスタイルをもっと男性的なものに近づけようとしたんだ。彼は、通常は古典的なプログラムを滑っていたから、斬新な試みをしてみたかった。それぞれのスケーターによって、おのおの違う世界があるのさ。


記者:あなたのダンスのスタイルが相手に合わないという理由で、仕事を請けなかったことはあるの?

ナハロ:いいや、一度もないよ。私はいろんな引き出しがあるからね。フラメンコを振り付けるだけじゃない、私は振付師なんだ。フラメンコは私の第一言語なんだけど、5歳のときから古典的なダンスもコンテンポラリーのダンスも学んでいるよ。
私はフィギュアスケート界に何が欠けているか分かっているつもりだよ。ルールだの、ジャンプやスピンといった技術的な必須条件だのにとらわれると、みんなスケーティングで一番大切なこと、スケーターの個性をいつも忘れがちになるのさ。結局しまいに、観衆の記憶に残るのは選手の個性だろ。フィギュア界で心から愛され懐かしがられるのはどんなスケーターか、考えてもみなよ。個性のある選手に違いないさ。
なぜ人々はアニシナとペーゼラの『フラメンコ』を覚えているんだい? 振り付けのせいかな? それもあるだろうけど、ほとんどが彼らの個性によるものなんだよ! ステファン・ランビエールのことも、その個性的な演技のおかげで忘れないだろう。
私にとってそれが一番大事なことなんだ。ジャンプとかあらゆることに長けた驚異的な選手になったとしても、人々が最終的に憶えているのは、氷の上で選手がどういう風に演じたかなんだよ。動きとか感情表現とか衣装や音楽といったことでね。

記者:あなたは振り付けを通して、彼らの個性を際立たせる手助けをしているってこと?

ナハロ:そうだよ。私はスケーターそれぞれに、彼らの中にある感情を表現する助けをしているのさ。いつも始めは動作から。動作、動作、動作を習得。三日目から感情表現に入る。どの動作ひとつにも感情が重要なんだ。感情なしの動作なんてありえないからね。それに技術のない感情表現も無意味なんだよ。全てが一緒になって完成するんだ。
大抵、私はシーズン中にスケーターたちと二、三回打ち合わせをする。私の振り付けはこみ入っていて、一度で全部の動きをものにするのは難しいからね。ジェレミーやブライアンともまた一緒に、八月と、彼らのコンペが始まるちょっと前には練習をするつもりだよ。(後半に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

振付師の仕事とは何だろうか。ナハロのこのインタビューの前半はその答えのひとつを語っていると思う。
ポイントは二点、一点はまず、身体表現で大事なことは氷の上か否かにも、フラメンコかそのほかのダンスかというジャンルの違いにも関わらず、スケーターはただ動けば良い、振り付けられた仕草や動作を行えば良いというのではなく、感情のこもった舞踏表現をすること、ナハロはあくまでもフィギュアスケーター=ダンサーであるべきという点にこだわっているのだろうと思う。

ひとつひとつの動きに意味があり、どんな複雑な動作であっても、その一部分でもないがしろにするようなことがあってはならないというのが、彼の持論なのだ。無論、選手によってその動作をすることが困難な場合は、選手に合わせ振り付けを変えていけば良い。ある程度、柔軟な対応をする度量の広さもナハロにはある。
そして自然な、スケーターの滑らかに流れるダンスのような一連の動作の中に、収斂していく感情表現、それが振付師としての彼の理想なのだろう。

そしてもう一点は選手の個性にこだわる、表現者としての姿勢だろう。
ナハロ自身が稀有のフラメンコ・ダンサーとして大成したその横顔からも、身体表現することの意義や自分自身への誇りというものが垣間見える部分である。

アボット選手ジュベール選手それぞれに合わせた振り付けを行い、彼らの個性を際立たせること、そのために振付師としてフラメンコというジャンルに固執するのではなく、彼らに合ったダンス表現を探っている様子がインタビューの端々に顕れている。

「ステップや腕の動きやポジションを練るだけとか、ましてやスケーター誰もに同じことをさせるとかでは、駄目なんだ。」という言葉は、耳に痛いと感じる振付師や選手も多いのではないだろうか。


b0038294_21182731.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ぽちお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/120-33f1ac22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。