月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七月の短歌 其の壱

o0618077210340396719.jpg
船越桂『遠い手のスフィンクス』2006年


限りなく音よ狂えと朝凪の光に音叉投げる七月 
(穂村弘『シンジケート』)


.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.

今、世界には音が溢れ、多くが雑音だったり、不要な情報だったりする。純音であることにも罪を意識する、現代人の未熟な夏。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ぽちお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン


真央選手のバラードに寄す…。

薫風や裳裾の陰に魂宿る

纏われて色の生まるる薄衣

>世界には音が溢れ、多くが雑音だったり、不要な情報だったりする。
フィギュアの世界にも雑音が溢れています。
最近でも朝日新聞の天声人語の例のように、マスコミの「雑音」や「偏向は減るどころか増えるばかり。
片や、不透明さが増すばかりのフィギュアのルールとその運用。

こうした中で、真央選手をはじめとする日本の誇るスケーターは周囲の「雑音」に動揺することなく、持てる力を発揮して欲しいですね。

まさきつね様のお話は説得力があり、いつも敬服しております。
私は何をコメントすれば良いのか、途方に暮れています(笑)
2010/7/5(月) 午後 11:03 [ 桔梗 ]

桔梗さま
いつもご訪問うれしいです。
そしていつも妙なるコメント、映像に充ちた良句をいただき、ありがとうございます。
拙ブログも皆さまに不快な不協和音をお届けしないように、心がけてはいるのですが、つい、いろいろと余計なことをお話しているのではないかと思います。
どうぞ、どのような内容でも、お気づきのことやご感想がありましたら、ひとことでも戴けると大変ありがたいです。
ここに訪問くださる皆さまはお気持ちが深く、拙文の行間をお読みくださり、コメントでもご高配をたまわっていつも感謝に堪えません。
言葉を発する難しさは常々感じておりますけれども、言葉を投げかけて想いが通じあう喜びも、ご訪問いただいた皆さまからいただけることを心からうれしく思っています。
2010/7/6(火) 午前 0:42 [ まさきつね ]
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/154-3def1463
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。