月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至宝の解説者


wissinfo.ch 【ランビエール、解説者として活躍 !】
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=29263950


ベルンで1月24日から30日まで開催される「ヨーロッパフィギュアスケート選手権」で、ステファン・ランビエールがスイス国営テレビの解説者を務める。

また、「スイス大使」として、国際オリンピック委員会 ( IOC ) 会長ジャック・ロゲ伯爵などVIPを迎える役割も果たし、最終日のガラにも特別出演する。

批判はしたくない

「解説者、スイス大使、ガラの出演者と、いろいろな役割をこなしながらヨーロッパ選手権に参加できるのをとても楽しみにしている」
と、ランビエールはフランス語圏のスイス国営テレビ ( TSR )のインタビューで語っている。
特に過去のライバルや新しいスケーターたちと出会い、インタビューや解説を行うのは新しい経験になると意欲満々の様子。
「昨年はライバルだったフランスのブリアン・ジュベールにインタビューするなんて思ってもいなかった」
 しかし、酷評をするつもりかとの質問には
「技術面はきちんと評価して正直なコメントを行いたいが、批判は絶対にしたくない」と答える。
「スケートには、例えば振り付けなど、美しく素晴らしい側面が沢山ある。そうした人を引き付ける魅力的な、魔法のような側面を強調してコメントしたい」
と、ランビエールがフィギュアスケートで大切にする要素を軸に解説をしていくようだ。

ガラ出演の背景

ところで、今回のヨーロッパ選手権最終日のガラへの出演は、競技に参加したアマチュア選手だけの特権のはずだ。なぜランビエールが出演できるのか?そもそもランビエールは競技生活にはっきりと終止符を打ちプロに再転向したのだろうか?
「プロとかアマチュアといった分け方は古く、ステファンにはふさわしくない表現。ステファンはフィギュアスケーター。ただそれだけだ。しかし、今後競技に出ることは絶対にない。それだけははっきりしている」
と、マネージャーのマルク・リンデッカー氏は言い切る。
ガラ出演は、こうしたランビエールに国際スケート連盟 ( ISU ) が特別に許可を与えたから実現したと話し、こう説明する。
「普通ガラに出演できるのは、確かにオリンピックにしろヨーロッパ選手権にしろ、大会に参加した選手だけ。しかし、ステファンはスイスのフィギュアスケート界の王者。スイスを代表するという象徴的な意味での参加をスイススケート連盟が国際スケート連盟に要請し許可された」 
 ところで、スイススケート界の代表と言う意味では、1981年にヨーロッパ及び世界フィギュアスケート大会で優勝し、「ビールマンスピン」や「ビールマンスパイラル」を生み出したスイスの女子フィギュアスケーター、デニス・ビールマンもガラに出演するという。

新しい機会を糧に

ランビエールは昨年、「シンアイス( Thin Ice )」で荒川静香と初めてペアを組み、高橋大輔には振り付けをするなど新しい局面を開いてきている。このことを10月のスイスインフォの単独インタビューで
「僕は運がよく、とても恵まれている。確かに新しいことには危険も伴う。しかしその危険を冒してやると、また次の新しい機会が訪れるという具合に人生を前に進めてこられた」
と語っている。
今回の解説者またガラの特別出演者としての役割も、与えられた「新しい機会」だと積極的に捉え、1人のフィギュアスケーターとしての成長の「糧」にしているようだ。(ライター:里信邦子 )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランビエール11


このインタビュー記事、いくつかのサイトに掲載されていたのだが、多くのブロガーさんの感想を読んでみたところ、誤解があるのかあるいはライター自身がまちがっているのかと思われるのが、「批判をしたくない」という部分である。

この記事の元になっていると思われるのは里信さんも書かれているように、スイス国営テレビ ( TSR )のニュースキャスター、ダリウス・ロシュバンのインタビューにランビエールが答えているテレビ放送なのだが、実際のその放送を聞いてみたところ、そこでロシュバンは、これまで解説者やジャーナリストのいらいらする質問に対しスポーツ選手として答える側だったランビエールが、今回スポーツ解説者という逆の立場になることでどのように感じているかということにポイントを絞って、問いかけているのである。

それに対してランビエールの回答は、「自分はシーズン当初から試合を観覧するのが好きなのでいくつかのGPS放送を観てきたけど、良質で誠実な解説者のコメントを聞きながら試合を観るのが好い。僕はあくまで一個人として解説したいので、人間の考察に基本的な相違はないと思っている。スケーターの技術的レベルについて、正確に伝えさえすればね」というもので、きちんとした解説者の放送に対してはきわめて好意的にとらえているという内容だ。
そこでロシュバンは重ねてランビエールの真意を探るように「でも報道関係者や解説者の愚問に苛立たしく思うことも、きみも逆の立場で経験してきたのじゃないのかい」と問いかけており、それに対してランビエールは「僕は同輩の批判はしたくないよ。大事なのはプロ意識で、この競技の素晴らしいところに注目して観ていくことだよ」と答えているのである。

誤解されているのはランビエールの「同輩」という言葉の解釈で、おそらく里信さんは同輩=スケーターととらえて、彼がスケーターの演技の「酷評」をするのかどうかというニュアンスでこの記事を書かれているし、この記事を読んだ方々の多くもそのように受けとめておられるのではないかと思う。

だがランビエールがここで批判したくないと言っている「同輩」は、実はスケーターではなくこれから自分が解説者の道に入る以上、仲間になっていく報道関係者や解説者を含むメディア側の方を指しているととらえる方が話の流れとして自然だろう。

つまり、ロシュバンはランビエールがスケーターとして今まで散々嫌な思いをさせられたに違いないメディアに対して、彼がどう思っているかを尋ねているのであり、ランビエールはそれについて今更「メディア」批判はしたくないと大人の対応をしながら、それに続けて「スケートには、例えば振り付けなど、美しく素晴らしい側面が沢山ある。そうした人を引き付ける魅力的な、魔法のような側面を強調してコメントしたい(里信さん原文)」という、自分が解説にするにあたっての心構えを語っているのである。

勿論、広義に解釈すれば、ランビエールがスケーターたちの演技を酷評するために解説者やコメンテーターの仕事を引き受ける筈はないのであり、おそらくベルンのユーロではそれぞれの選手たちの芸術的美点や技術的長所に注視した、彼らしい個性的な解説が聞けるだろうことは容易に想像出来る。

ランビエールはロシュバンのインタビューで、キャンデロロのようなかつてのライバルで彼の先を行く解説の専門家に接触することと同様、新世代の若い選手たち、あるいは少し前まで競技仲間だったブライアン(ジュベール)やトマシュ(ベルネル)らに演技後のミックスゾーンでインタビューすることを興味深く楽しみにしていると弾むような言葉で伝えている。

ランビエールはこの里信さんの記事でもうかがえるが、試合競技からはすっかり足を洗ってしまったようで「試合は過去のこと。後悔はしていない。採点もジャッジも無関係で、ショーに出て自由に演じることが出来て幸せ」と、イタリアのトーベル主催のアイス・ショーMusic on iceのスイス公演でも語っているが、彼にとってスケートは、他者に対抗してそれを凌駕する手段でも目的でもなく、純粋に彼自身を表現し、メッセージを観衆に伝えることの出来る作品そのものなのだということなのだろう。

ベルンのユーロでスイスの至宝をみすみす放っておく筈はないだろうが、ガラ出演が特別措置で決まったのは素晴らしいことだ。彼自身は新しいことにチャレンジする自分をその機会に恵まれて「運がいい」と謙虚に話しているが、実際のところ、今現在もほかのどんな現役選手にも手の届かないような卓抜した技術、独特の世界観を持ちながら、彼のような選手を競技の舞台からいつのまにか締め出してしまったような感が、今日のフィギュア競技のルールやジャッジにはどうしても拭えないのだ。

ストイコは昨季五輪の四回転論争で「四回転を外すなら、なぜトリプルアクセルを外さないのか。ISUがフィギュアを“芸術リサイタル”に作りかえようとしてる」と批判していたが、今のフィギュア競技は「リサイタル」どころか、どれもこれも似たようなお手本通りの優等生演技が並んだ「お遊戯会」のレベルに落ちようとしているのではないかと思いたくなる節もなきにしもあらずだ。

メディア報道は確かにどこか常にとんちんかんな部分があるが、ランビエールの言うように、今そんなメディア批判をしても致し方ない。
大事なのは、スケートそのものの持つ魅力、競技としての面白さをいかに残していくか、人々を惹きつける「魔法のような側面」を選手も周囲も伝えていくことが出来るかで、そこにフィギュア界の凋落がかかっていることをランビエールは本能的に悟っているのだろう。そしてそれだけ、彼はフィギュアの芸術性も、スポーツとしての競技性も愛しているのだ。

解説という新しい仕事への挑戦がランビエール自身の「成長の『糧』」となるだろうことは無論否定しないが、一方で彼の試みがフィギュア競技界の救世となることにも期待せざるを得ないのである。


☆おまけ☆総統閣下が地上波のフィギュア中継にお怒りのようです
スイスの至宝をなんだと思っとるんだ!

ランビエール16

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ぽちお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン


今晩は(カナダ時間)、まさきつね様。
フィギュアの各国解説シリーズにハマっている自分としては、ランビエール氏のユーロ解説楽しみです。恐らくどなたかが、つべにあげてくれることを今から期待しています。各国解説陣の中では、British EuroSportsのニック&クリスのコンビがお気に入りですが、元スケート選手では、カート・ブラウニング、ロビン・カズンズ、タラ・リピンスキーといった面々でしょうか。何れの方々も技術的な面を解説しながらの褒め解説+改善点の指摘+ジャッジへの牽制的発言をたまにといった面で共通するものがあるのが自分のツボです。
そうそう、年頭にCBCで放送されたGPFのエキシの解説で、小塚選手に一人辛口コメントを継続しているトレーシー女史にカート氏とブレンダキャスターが懐柔、援護とも取れるコメント(今宵のダンスの相手にいかか?彼はもはや日本の3番手ではないですね。)をしていたのが中々興味深かったです。
総統閣下シリーズ、自分も最近見つけてハマっており、特にこれは、半端ないシンクロ率、腹筋の壁崩壊、そして、そのオチが秀逸過ぎて当分リピが日課になりそうです(苦笑)。
2011/1/21(金) 午後 1:46 [ can*dak*ra ]

can*dak*raさま
ご訪問うれしいです。
フィギュアの各国解説は、聞き比べると本当にはまりますよね。でもランビエールの言うように、基本的には、フィギュアに対する造詣と愛のある解説者はみな今のルールやジャッジについて、思うところは同じじゃないのかなと感じますね。
ランビエールの解説、楽しみになりましたね。
総統閣下のシリーズも本当に面白いですね。日本の放送局にも是が非でも見て欲しいものです。これぞパロディーの真髄ですよね。
2011/1/21(金) 午後 6:03 [ まさきつね ]

こんばんは、丁度総統閣下シリーズを見てきたところだったので、リンクが貼り付けられているのを見て、また笑ってしまいました。
こういう動画を見て、「そうそう、本当に許せない!」と怒りながら見るのではなく、大笑いできたことは良かったです。総統閣下シリーズが良く出来ているのも大きいですが、最近はフィギュアに対して少し冷静になってきたんだと思います。
この一年は特に、頭から湯気が出そうな程に怒りが優先してたもので(笑)
今は四大陸、世界選手権が心から楽しみです。
2011/1/21(金) 午後 10:45 [ uzu*a*ala ]

uzu*a*alaさま
コメントうれしいです。
総統閣下は大受けですね。怒り心頭ばかりでは血圧が上がりますから、クールダウンにこういった良質のパロディーは絶対必要ですね。
巻頭の写真、思いっきり男前なステファンにしてみましたが、総統閣下のお気に入りは実は赤ぬこ…というオチも最高ですね。
2011/1/21(金) 午後 11:03 [ まさきつね ]

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/16-7d5ce8e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。