月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もふもふ」をリクエストする

フィギュア73-1
フィギュア73-2

いくつかのブログで、ロシアのフィギュアフォーラムで外国人ベストスケーターに浅田選手と高橋選手が選ばれたというニュースが飛び交っていた。

まさきつねも気になって、これかなと思うロシアのサイトにアクセスしたが、どうもそちらの情報では、五月末の祝日まで投票を受け付けているということらしいので、結果がUPされるのは六月以降になるようだ。日本のブログの情報は中間発表か何かのニュースかなとも思うが、詳細は分からない。
日本のブログが伝えているような結果になればうれしいと思うが、とりあえず今季、女子の五輪優勝はキム選手だし、男子もプルシェンコとの経緯があるとはいえ一応ライザチェク選手が金メダリストである。欧州選手権の結果などを考えると、ランビエール選手もいるし、ウィアー選手のロシアでの人気もあなどれまい。
(↑コメで情報をいただいたので追記訂正。九日で締め切られ、とりあえず浅田選手と高橋選手が一位という集計結果が出ている模様。)


ちなみに、まさきつねがアクセスしているのはロシアのFSO賞というもので、これはロシアのオンラインサイトで初めて制定された、フィギュアスケート分野に限定した賞とのこと。ロシア語のウェブサイト編集者の管理下で公開投票によって開催されているものらしく、ISUやロシアのスケート連盟などにも影響されず、国籍や職業などにも無関係のアカウントで受け付けられているようだ。

そしてこの賞が制定された初めての年である2007年-2008年シーズンの外国人ベストスケーターに、浅田選手と高橋選手が選ばれている。

今季ももしこの二人が選ばれたとすれば、二度目の快挙ということになる。そして翌2008年-2009年シーズンは、キム選手とジュベール選手が選ばれているので、世界選手権やGPFでの結果のみにこだわらず、広く評価され、支持された選手が選出されたということだろう。

ところでこのFSO賞、副賞として選手に贈られるのが、冒頭の写真に挙げた手作りのお人形というのが、何ともロシアンテイストというか、ほのぼのしていて面白い。

フィギュア73-3


浅田選手は『幻想即興曲』、高橋選手は『ブラックスワン』をモデルにしているが、浅田選手にはエアロのおまけが付いているあたり、ロシアでも浅田選手情報がしっかり流れているということだろうか。
どう見てもそっくりとは言い難いのがご愛嬌だが、昭和に流行った布製のポーズ人形(フランス人形とも呼ばれていたけれど)のような趣きもあり、乙女チックな表情がレトロな雰囲気も持っている。

もし今季もこの二人が選ばれた場合は、浅田選手は『鐘』、高橋選手は『道』の衣装を着た人形がまたまた贈られるのだろうか。
ならば『鐘』の人形にはエアロではなく、今回は黒いミンクコートの「もふもふ」タラママを添えて欲しいとひそかに希望しているのだけど、投票の最終結果発表とあわせて、人形の写真がサイトにUPされるのを楽しみに待っている次第である。

(サイトUP記事はまたぜひロシア語自習室のECOさまに翻訳お願いしたい…いつも甘えてばかりになるが、自動翻訳では大筋が??なのです。)


フィギュア73-3

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ぽちお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン


お呼びですか?(笑)FSOのサイトをちょっと覗いてきましたよ。
投票受付はどうやら5月9日の戦勝記念日までだったようです。正式な集計結果はまだ発表されていませんが、個人的に票を数えてみたという人がフォーラムに書き込みをしています。数え間違いがあるかもという注釈つきですが、それによると、

<外国人男子>1位:高橋175票、2位:ランビエル50票、3位:ライサチェク26票
<外国人女子>1位:浅田116票、2位:キム113票、3位:安藤17票

となっています。3票差なので、微妙なところかもしれませんね…

ちなみに、女子のベストプログラムは、

1位:レオノワSP59票、2位;安藤FS43票、3位:キムSP31票、ロシェットSP31票、5位:浅田FS23票

とのことです。
2010/5/22(土) 午後 7:10 [ eco ]

ecoさま
貴ブログへお願いに上がろうと思っておりましたのに、お呼びたてしてしまったようで、ごめんなさい!!ほんとにいつもありがとうございます。
9日までが締め切りだったのですね。それであちこちのブログが騒がしかったようです。内情は、ファン投票のようなものなのですね。女子は僅差ではありますし、微妙ですね。
ベストプログラムの結果の方が残念という気がしますね。レオノワのロシア民謡は納得しますけれども。これも「もふもふ」タラママ振り付けでしたね。
正式な発表を楽しみにします。「もふもふ」人形は無理かな?
2010/5/22(土) 午後 8:01 [ まさきつね ]

エアロ付のお人形が可愛いですね(笑)

そうですか、僅差ですが、でも五輪後に集計をしていれば
また違った結果だったでしょうし、
真央ちゃんの勝ちは勝ち(笑)
2010/5/23(日) 午前 0:30 [ 菊千代 ]

菊千代さま
ご訪問うれしいです。
今季のお人形が楽しみです。
ベストプログラムは残念でしたが、コレオに付けられた賞と考えれば、一位のレオノワと合わせて、タチアナプロがベストに選ばれたということかなと合点しました。
男女ともバンクーバー五輪を反映しない投票結果でしたね。ソチへ向けて、既に過去の話ということでしょうね。
2010/5/23(日) 午前 9:15 [ まさきつね ]

もふもふ……はて、なんだろう?
と思ったら、うぷぷ、タラママさんのあのお姿のことでしたか!
赤と黒の真央ちゃんの衣装とお似合いだとは思うんですけどねえ。

話違って恐縮ですが、先週「マラーホフの贈り物」を観てきました。
配役や演目の変更はありましたが、マラーホフはほんの顔見せ程度
かな、と思ったら、そんなことはありませんでした。
面白かったのは、一緒に行った妹が、クラシック以外のコンテンポラリーは好きではなかったのですが、最後の2演目をとても気に入って
もう一度観たい!と言ったことですね。

最初の男女コンビでの曲、どこかで聞いたなと思ったら、安藤美姫が
シーズン最初に滑ってた「夜の女王」なんですね。
そして次のマラーホフのソロ。なんとモーツァルトのレクイエム
なんですよー!!

あれ~、ミキティメドレーだあ!と一人で受けてしまいました(笑)
マラーホフ氏はサービス精神に溢れて、お茶目なプロフェッショナル
でしたよ。
2010/5/25(火) 午前 0:03 [ オレンジ ]

オレンジさま
コメントありがとうございます。マラーホフのご感想もうれしいです。
マラーホフちまたではさすがに全盛期に比べる厳しいご批評もありますが、それでも偉大なソリストであることに間違いないようですね。
ミキティプロは偶然でしょうが、ロシア的な感性に合っている選曲なんでしょうかね。かなりの日本通で知られてますから、サービス精神にも頷けます。
バンクーバーではことごとく否定されてしまったようなロシアンテイストですが、バレエや文芸精神に関しては、北米とは違った俗に毒されない味を持っていますよね。浅田選手や安藤選手の演技にも、今後もその良さが反映されるとうれしいですね。
2010/5/25(火) 午前 2:09 [ まさきつね ]
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/176-e9a91558
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。