月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

『道』の続くところ


世界フィギュア連覇へ(上)
高橋大輔 会場全部の気持ちつかむ 恥を捨てた部分は伝わるはず(中日新聞 1月12日)


―バンクーバー五輪で銅、昨季の世界選手権で金メダルを獲得。それでも現役を続ける理由は。

五輪を終えたら一度は引退する気持ちでした。それが2008年に手術した右ひざが五輪のときに力を証明できるくらいまで戻ってきた。やっと自分の練習ができて自分のジャンプになりつつあるので、また戦ってみたいなっていう気持ちがでてきたんです。

―今季これまではどんなシーズンですか。

試合でまだ百パーセントが出せていないですし、今思えば昨年末の全日本まで、試合に参加できていないような感じがありました。第三者的に外から見すぎていたというか自分はやっているつもりだったんですけど、「つもり」だけだったのかなと。

―全日本では「久々に試合をすることを思い出した」と。

ショートプログラムが4位でした。表彰台に乗らないと世界選手権の代表になれないだろうなと、フリーはかなり気合が入った。結果は完璧ではなかったけれど、終わった瞬間すごくすがすがしかった。世界選手権も、同じような気持ちで挑まないと勝てないなっていうのがわかりました。

―多くの若手選手に目標とされています。

どういう存在でいようとか、そういう考えはないですけど、むしろ4年後までいわれるとしんどいというか。自分の中で若い人に勝てるのかっていう不安がある。これから成長していけるのか。4年後までやるっていえない自分は嫌だなと思いますけど、ぎりぎりまでやっていきたいなとは思ってます。

―よく観客の盛り上がりを気にしていますが。

もちろん正確な演技や技術は勝つために重要ですけど、それ以上にお客さんの心をつかむことは、自分の中で重要なポイントです。僕自身が何かを見て、どんなにうまくても心に響かないものは忘れてしまう。動きが汚くても、上手じゃなくても、心にくるものはずっと覚えている。そこら辺はある意味で、勝負以上に求めてる部分です。

―世界選手権までにはどんな準備を。

3月までがむしゃらに、かっこつけずにやりたい。一生懸命に恥を捨ててやった部分は伝わると思いますし、東京の会場に来るお客さん、ジャッジ、全部の気持ちをつかめるような演技をしたい。連覇はもちろん意識しますが、それができれば正直、メダルが取れなくてもいいという気持ちでやりたいなと思っています。

―男子フィギュアはどんなスポーツと考えていますか。

ジャンプがアクロバティックで、踊りもいろんな表現がある。見せる力と正確にやる力と両方いる。難しくて面白い、やりがいのあるスポーツです。ただ同じ成績なら、注目は女子にいってしまう。男子を見てもらうために、常に成績を出し続けようという思いは持っています。僕の時代は織田君と2人ですけど、小塚くん、羽生くん、他の選手たちも、世界で戦える選手が続いてくれていることが、人気にもつながるのかなと。女子に成績で負けると悔しい気持ちは常にあります。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


世界選手権を前に「プログラム変更」という報道が出ていた高橋選手だが、今季スピンのレベル獲りに苦労しているので、それを見計らっての見直しということらしい。今更曲目からすべてを変えるということではないだろうと思うが、現王者という立場的に連覇を狙わねばならぬ以上、表彰台を意識したプログラム作りは必須ということになるのだろう。
とはいえ、このインタビュー記事を読む限り、得点やメダルを獲るためだけに演技構成やポジションを作りこんでいくことの虚しさが言外に滲み出ているような気がしてならないのは、まさきつねだけだろうか。

ここ数年、多くの識者のブロガーさんが語っているが、毎年猫の目のように変わり続けるルールやジャッジの偏向採点に配慮しながら、基礎的なスケーティングやエッジワークのレベルでGOEの加点減点に心痛し、理解不可能な演技構成点で狡猾に順位が調整される裏事情を飲み込まねばならぬ選手たちは、結局自分たちが自分のプログラムやスケートで何を表現し、何を観客に伝えたかったのかという根本的な部分で、演技終了後に常に何かをなおざりにしてしまったような虚無感を胸に抱え込まねばならぬ羽目に陥ってきたのではないのだろうか。

高橋選手の「僕自身が何かを見て、どんなにうまくても心に響かないものは忘れてしまう。動きが汚くても、上手じゃなくても、心にくるものはずっと覚えている。」という言葉は、ここ数年、ルールや画一化されたお手本演技で選手たちをがんじがらめにし、異端だったり破天荒だったりする桁外れの規格外を排斥して、こじんまりとまとまった良くも悪くもお行儀の良い演技を奨励してきたジャッジに対するアンチ・テーゼというべきものだろう。

「がむしゃらに、かっこつけずにやりたい。一生懸命に恥を捨ててやった部分は伝わる」という意気込みを語る言葉も、高橋選手のひたむきで真正直な部分がよく表れていると思うが、彼がこれほどの熱誠を演技そのものにも表出し始めたのは、やはりあの感動的だった五輪シーズンのプログラム『道』がきっかけだったような気がしてならない。
無論、それまでの彼のプログラムも、情熱的でダンサブルな彼の長所を巧く生かした印象的な作品が数多くあったことは言うまでもない。しかし、2008?2009シーズン欠場の苦難を乗り越えて、泥の中から這い上がるようにして復活した彼のフリープログラムとなった『道』は、彼に多くの示唆を与えるものであったことは間違いないだろう。

ところで、奇しくも今年のNHK年始番組の中に『チネチッタの魂~イタリア映画75年の軌跡~』という特番があって(ご覧になった方も多いと思うのだが)、その中で大きく取り上げられていたのがイタリア映画界の巨匠フェリーニで、ドキュメンタリーは彼に傾倒する井筒和幸監督が1954年制作された『道』の撮影現場を訪ね歩くという基本構成で作られていた。

「チネチッタ」はヨーロッパ最大の映画撮影所だが、フェリーニを始め、ヴィスコンティやロッセリーニ、アントニオーニといったイタリア映画黄金時代の名だたる巨匠たちがここを拠点に数々の名作を生み出している。
元々は独裁者ムッソリーニが、ファシズムのプロパガンダ映画を撮影するために作らせたものだが、皮肉なことに大戦の終戦直後には戦争の被災者が多く住みついて撮影どころではなく、戦後のイタリア映画はチネチッタを使わずに、全面ロケによるドキュメンタリー映画のようなリアリティーをもった撮影法から始められたようだ。この流れが、1945年ロッセリーニの『無防備都市』を幕開けとする戦後イタリアのネオレアリズモから、後にはフランス映画のヌーヴェルバーグへと繋がっていき、国内ではデ・シーカの『靴みがき』や『自転車泥棒』などの名作を生んでいる。

一方、戦後復興に伴ってチネチッタを使った本格的な映画制作が始まり、大規模な屋外セットやスタジオ、フィルム編集設備が備えられた充実した施設ではイタリア映画のみならず、『ベン・ハー』などのアメリカ映画の大作も撮影されている。
チネチッタの誇りは、今日コンピュータグラフィックスによる合成映像を全盛とさせてしまったハリウッド映画の流れとは対極の、イタリア芸術の伝統を受け継いだマエストロたちによるすべてに手作りの味が滲む映画作りだろう。
戦後イタリア映画の二大巨匠、ヴィスコンティとフェリーニは、このチネチッタ独特の技法と精神をそれぞれ全く別の形で花開かせ、自らの作風として結実させた。

ミラノ名門の生まれのヴィスコンティは徹底的に「本物」を映すことにこだわり、調度品は勿論のこと窓の外に小さく見えるだけの薔薇に造花を使用することさえ許さなかった。ヴィスコンティには、本物だけが醸し出す香気のようなものが画面全体を支配することで、虚構を維持する質感や、下劣さと無縁の気品を生み出すという確信的な映像美学があったのだろう。
実際、彼の隙のない重厚な映像美は、とても他の監督が追随し得るものではない。徹底した趣味人によって選び抜かれた趣味の世界でありながら、自分への妥協のない徹底ぶりだけが、過酷な現実と折り合いをつけない芸術家の創造性を支えているのである。

そしてフェリーニの方はヴィスコンティと違って、チネチッタの虚構の構築を逆手に取る。
フェリーニはビニールで加工された偽物の海をいかにも作り物らしく見せることにも厭わないし、それどころかカメラを引いて、偽物の海を映している撮影隊の姿を画面に映写することにすら、何の衒いもない。
フェリーニは「映画の真実だって? 映画のうそつきのほうがいい。うそは見せ物芸の魂であり私はその見せ物が大好きだ。虚構には日常的で見せかけの現実よりはるかに深い真実がある」と言い切っているが、彼には虚構を映している撮影隊の現実の方が、映像の中で展開する作り物のストーリー以上に重要だったのだろう。
彼はこの言葉に続けて、「人が見せる物事は必ずしも本物である必要はない。たいていの場合、それらは本物でないほうがましなのだ。本物でなければならないのは、人が見たり、表現したりするときに経験する感情である」と言っているが、結局、作品を創り出す人間がこだわるべきは、創り出したものが本物かどうかではなく、作品によって感銘を受けた観客の心に生まれる感情が本物かどうかということに尽きるのだろう。

『道』は見世物芸を生業とする大道芸人の孤独を描いているが、その撮影された村や海岸を旅して周った井筒監督は番組の最後に、『道』は登場人物の感情だけでなく映画そのものを描いた作品なのだと結論づけている。
旅の途中、冷酷にジェルソミーナを見捨てたザンパノは、映画の最後に、村の子供に歌を教えた哀れな女乞食として死んでいったという彼女の末期を聞き、深い孤独に襲われて夜の浜辺に慟哭する。寄る辺ない大道芸人の悲しみは、映画を作る人間の悲しみであり、孤独ゆえに慕わしくひとを求めるこころが絶望から何かを表現しようと必死にもがくのである。

w08_janus_lastrada.jpg


ヴィスコンティもフェリーニも、アプローチの仕方は真逆だったが、彼らはともにただ観客のこころを揺さぶって、そこに「本物」の感情を生み出す表現をひたすら追求した。それこそ「がむしゃらに、かっこつけずに」、徹底して自分の美学を貫いたその姿勢が映像美極まる作品として実を結んだのである。

話を元に戻そう。ルールやジャッジのあるスポーツと、そうした制限を持たない芸術創造は端から同等に語れないという意見のあることは重々分かっているが、やはりまさきつねはフィギュアには求めたい。
基礎的な技術、正確な演技、綺麗にまとめられたプログラム、それらも確かに素晴らしいが、それよりも何よりも、もっと根源的な人間の喜びに、悲しみに、怒りや楽しさや憧れといった生の感情に触れていくような、思いをかたちにしたいという衝動に突き動かされたような、孤独な生命の強い力と美しさに溢れた芸術性。

高橋選手が「全部の気持ちをつかめるような演技をしたい」と語っているように、観衆のこころを鷲掴みにして揺さぶって「本物」の感情を呼び覚ますような、他者に妥協しない本物の表現。


本物は「本物」からしか学べない。本物の『道』はこころに続いているのである。



img_939443_32421869_1.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ぽちお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン


まさきつねさま
こんにちは。
高橋選手、本当に良い選手になったなあと感じるこのごろです。
どうしても「オリンピック」がゴールになってしまうのが普通かなと思います。もちろん、その先の道に見出した物があった、荒川選手の選んだ道はそれなりの成果を出しているかと思います。
でも、あくまでも自分の高見を目指そうと、道を歩き続けることにした高橋選手には、人間的な成長も感じてしまいます。今回の記事の言葉一つ一つにも。12月末の全日本ですら、成長過程の一つであり、新たな課題を見出すところにも。

その瞬間は輝かしかったはずの「オリンピック金メダル」の演技よりも、高橋選手の「道」真央選手の「鐘」の方が、人々の心に残り、後々語り継がれていくような気がするのは、今回の高橋選手の心意気からも分かりますね。
2011/1/18(火) 午後 3:39 [ miho_ann ]

miho_annさま
コメントうれしいです。
高橋選手にしろ、浅田選手にしろ、彼らが本当に輝かしいのは五輪の後も続く道を歩み続けるその気概や生き方にあるということですね。
彼らは頂点に昇り詰めましたが、本当に凄いのはてっぺんに辿り着いたことではないのです。てっぺんでなおも闘い続けるからなのです。
あきらめない夢は終わらない。歩き続ける道がいつまでも続くように。
2011/1/18(火) 午後 4:18 [ まさきつね ]

まさきつねさま、こんにちは。
昨年は色々お話を聞かせて頂き、有難うございました。

ブログというものに全く興味のない人間だったのですが、フィギュア
スケート愛が高じて読み始め、その美しい日本語と卓越した知識、
選手に対する愛情と冷静な分析力、猫好き漫画好き、時々腐女子、
そして熱海の捜査官とツボにはまりまくり、Mizumizuさまともども
お気に入り登録させて頂いて、いつも楽しみに飛んできます!

今後のフィギュア界を見守り続けるためにも、今年もどうぞよろしく
お願い致します!!
2011/1/18(火) 午後 4:56 [ オレンジ ]

オレンジさま
ご訪問うれしいです。長らくご無沙汰いたし、失礼しました。昨年はこちらこそご来訪感謝しております。
Mizumizuさまはフィギュアに限らずいろんな芸術分野にとても含蓄の深いブロガーさんで、まさきつねもたびたび訪問させていただいております。フィギュアを愛されるブロガーさんには、とても聡明な方が多いですね。
まさきつねも、今年もフィギュアだけでなく、猫や漫画、小説、映画、美術等々、さまざまな分野から宝石のような欠片を拾って来たいと思います。
どうぞ深く長く、おつきあいくださいませ。
2011/1/18(火) 午後 5:47 [ まさきつね ]

まさきつねさま、こんばんわ。高橋選手の演技はいつも最高ですね。後半ジャンプのミスが目立ち、大変心配していたのですが、四大陸、ワールドと我々を楽しませてくれるでしょう。今回SPのマンボはところどころにシェイ.リンボーンの動き「振り付け」がありまたそれを高橋流オリジナルに見せてしまうなんて素晴らしい。マンボを見たら何か過去EXのバチュラレットが見たくなりましたので、DVDを探しこれから見ようと思います。この世界は、今の現役選手では高橋選手にしかできないのではないでしょうか?
2011/1/18(火) 午後 7:23 [ oichan ]

oichanさま
ご訪問うれしいです。
高橋選手はどんな振り付けも自分の世界観に引き込む力を身に付けましたね。シーズン後半も本当に楽しみですね。
マンボとブエノスアイレスで、最後までぎゅっとこころを鷲掴みにして貰いたいですね。
2011/1/19(水) 午前 2:21 [ まさきつね ]

こんにちは、まさきつね様。パソコン、無事完治帰宅してきて良かったですね。今週末にカナダの閣内選手権があり、FSで2回クワドを入れる(苦手な3Aは最低限の1回に)と表明し、レイノルズ選手とジャンプ対決というチャン選手の2人の勝負が少々楽しみです。って、高橋選手の演技とは全然関係ないんじゃ…いえいえ、彼らは、フィギュアスケート競技を純粋にスポーツと捉えているからに他ならないと言いたいわけです。そして、点数はジャッジが付けるから、自分の演技に入り込めた、全てのエレメンツで+GOEを、レベルは取れないけどエキシのステップに乞うご期待、といった小塚選手のコメントの数々でも試合で表現の限界を素人にも容易に伺い知ることができます。そういった制限の中で、全ての観客やジャッジを自分のパフォーマンスに引き込む高橋大輔の天賦の才は本当に脱帽です。タイプの似ている鈴木選手も同様に自分の気力と体力が続く限り競技生活を続けて欲しいです。
2011/1/19(水) 午前 5:00 [ can*dak*ra ]

can*dak*raさま
ご訪問うれしいです。ご無沙汰失礼しました。パソコン何とか復活です。
チャン選手がレイノルズ選手にクワド対決を約束したインタビュー記事は読みました。いったいどの口でこんなことを言えるのか、もうチャンに関しては傍若無人さが個性としか思えないですね。ある意味で押しも押されぬ帝王です。
日本の選手はお国柄もあるのでしょうが、「恥」を知っていますから高橋選手にしても小塚選手にしても、鈴木選手にしても良くも悪くもシャイで奥ゆかしいですよね。でも日本人としては絶対失って欲しくない美点だと思います。
感動的な演技で氷のようなジャッジを揺さぶって、溶かして欲しいものですね。
2011/1/19(水) 午前 9:24 [ まさきつね ]

あはは…国内を閣内とタイプしてしまいました。失礼致しました。まあチャン選手は、良くも悪くも噓のつけない性格なんでしょうね。傍若無人ですが、言葉を変えれば臨機応変でマイペース、小さいことは気にしない楽天的な典型的カナダ人なので…多民族国家のカナダでの生きる知恵でもありますから最近は目をつぶっております(苦笑)。問題は選手でなく、迷走状態のルールとジャッジですから。
2011/1/19(水) 午後 1:01 [ can*dak*ra ]

can*dak*raさま
いえいえ、タイプミスはよくあることなのでお気になさらず…でも時々、パソコンの変換文字にどきっとしますね。
チャン選手はもう、悪気のなさでは愛すべきキャラなのでしょうね。仰るとおり、問題ありありなのはルールとジャッジです。日本では何故かいまだにジャッジは公平というイメージ操作に躍起の方々(元選手などに多いそうですが)がいますが、北米でもそうなのでしょうか。日本以上に眼の肥えたオールドファンが多い国々では、そんな裏工作が通用するとは思えないのですけれどね。
2011/1/19(水) 午後 1:38 [ まさきつね ]

まさきつねさま、こんばんは。
大変読み応えのある記事でした。
「順位をつけるスポーツより夢のあるサーカスが好き」と語ったフェリーニも高橋選手の「道」を見ればきっとフィギュアの順位の付け難い部分を愛してくれた事でしょう。
高橋選手の演技にはラテン音楽だろうとイタリア人の振付だろうとどこか日本人の大切にしてきた感性のようなものを感じます。あえて大雑把に言えばゴシック建築であるよりは琳派の屏風絵に描かれた秋草のような?
彼の演技力が突出している為に他の選手を見て物足りなく感じてしまうのは仕方ないかも、とも思えます。ジャンプを跳ばないアイスダンスで男女二人でやるのと同じくらいの演技をジャンプを跳んで一人でやってしまいますから。今シーズンのフリーも唯一無二の存在感、ところどころ「命がけで突っ立ってる死体」であるかのような迫力を感じます。(不吉な表現だと感じる方がいらっしゃったらごめんなさい、暗黒舞踊の土方巽の表現です)
長々と失礼しました、今後も楽しみにしております。
2011/1/19(水) 午後 8:44 [ bonbon ]

bonbonさま
ご訪問うれしいです。
高橋選手のステップ、演技、本当に充実して、舞踏としてこの上なく卓越していますね。どこぞの盆踊り振り付けのPCSと比べたら、まさに踊り損(涙)と言いたいところですが、それでも真に感動する演技に対して、観衆はしっかり見分けているものです。
それから土方巽の言葉については、まさきつねも過去記事にしています。どうぞご一読いただけたら、幸いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/maquis44fumi/4423832.html
http://blogs.yahoo.co.jp/maquis44fumi/4528307.html
2011/1/19(水) 午後 10:56 [ まさきつね ]

まさきつねさま、おはようございます!
4~5にち留守していた間に新しい記事がアップされててうれしく思い、飛んできました。
大したコメントが出来ないのですが、読ませていただきます。
あ・ほんとに、うれしい!
2011/1/22(土) 午前 6:46 [ biko ]

bikoさま
ご訪問うれしいです。
どうぞゆっくり一読ください。
またのご訪問お待ちしています。
2011/1/22(土) 午後 6:06 [ まさきつね ]

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/18-9619dcb0