月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空中庭園の散歩 其の拾参 女王の宝石箱

フィギュア261-1


長らくご無沙汰してしまって申し訳ないのだけれど、なかなかエントリーしたいようなネタがないのである。
いろいろ情報は入ってくるのだけど、特に語るべきことがない。

SAWAKICHIさんがブログからフィギュアネタだけを残して、ゲイネタで新たなサイトをお立ち上げになったようだけれど、まさきつねも如何せんこのところ、フィギュアに関係のない話ばかりで記事を埋めているような気がする。オフシーズンだから仕方のないこととはいえ、フィギュアの話を楽しみにご訪問される方にはいささか当ての外れたお気持ちを抱かせてやしないかと、(何分小心者なので)ちょっと心配になったりしている。

それにしても、浅田選手がジャパンオープンを欠場というニュースにはいささかびっくりした。
今までが多忙過ぎるスケジュールだったのだから、浅田選手のファンを始め、多少なりとも選手たちの過密なアジェンダが彼らの心的負担を重くしていたことに危惧を抱いていた方々からすれば、今回の決定はむしろ朗報と思うのだが、それでもシーズンインを飾る国際試合に彼女の名前がないことは一抹の寂しさを感じさせるものではある。

フィギュア261-2

浅田選手の一方で、GPSへの欠場を決めた安藤選手が出場するというのも何とも複雑な思いがするのだが、ほかの出場選手の顔ぶれから考えてみれば、ロシアのガチンスキーのような若手もいるけれど、ほとんどが現役引退の選手や中堅以上のベテラン選手ばかりなのだから、どちらかというとシーズン緒戦はGPSに照準を絞って調整していきたい現役ばりばりの選手たちにとって、ジャパンオープンへの参加はさほどメリットのない抜擢なのかも知れない。

佐藤コーチなどは、五輪シーズンのジャパンオープンで左肩を痛め、その後遺症に苦しんだ中野選手のことを折につけ否でも思い出されるだろうから、今はとにかくジャンプの矯正や技術の研磨に励みたい浅田陣営としては、リスクが大きい割に競技実績の上ではあまり意味を持たない試合への参加は避けたかったというのが本音だろう。

それにしてもどのチームも、円熟した演技が期待出来る布陣をよくもここまで集めたものだと思う。
まさきつねとしては、この中にランビエール選手とウィアー選手が加われば(誰と誰を退陣させるかは言わずもがなだが)、今その演技が見られる選手たちの中でも最高に発酵しきった面々だろうと背筋がぞくぞくする。ガチンスキー選手などはやはりまだ伸び盛りという立ち位置からしても、ジャパンオープンの後に開かれるCOIの方に、羽生選手やタクタミシェワ選手らとともに加わってくれた方が、収まりが良かったのになと不遜なことを勝手ながら思ってしまう。

さて、ここまで話がずいぶん逸れてしまったが、浅田選手に焦点を戻そう。

と言ってももうネタはないし、彼女をめぐるいくつかのニュースもすでにあちこちのブログで紹介されているようで今さら新鮮味もないし、申し訳ないのだけれどこれまでご紹介する機会のなかった画像を並べながら、いくつか思うことを書き連ねていこうと思う。

まずは新しい画像から、オリジナルブランドMaoMaoの浴衣が発表されたということで、先日からネットでにぎわっている話題である。

http://www.kimono-hosho.co.jp/gallery/yukata.html

※※3

※※25

※※26

フィギュア261-6

フィギュア261-7

画像を見る限り、着物に続きこちらもオーソドックスな古典柄で、いかにも若い女性向きのおとなしめなデザインという雰囲気である。
こうしたブランド商法には昔から賛否両論があり、特にスポーツ選手が立ち上げたとなると、やれ選手としての本分を忘れているとか金儲け主義とか周囲がかまびすしいものだけれど、アンチなどからすればまさに叩くのに格好のネタということになるのだろう。
まさきつねなどは、彼女の可愛らしさを堪能できるこんな企画は大いに歓迎なのだが、とにかく悪口雑言を選手らの耳に入れたくて堪らない輩の感覚では「坊主憎けりゃ袈裟まで憎し」で、せっかくの日本の伝統文化まで理解しようとしない文言が並び始めるから、残念極まりない話である。

実際、浅田選手=浴衣というブランドの趣向が固まったのも、アイス・ショーで彼女が来ていたミニの浴衣などが何とも可愛らしくて、彼女をモデルにしたデザインの着物を広めたいという意向が働いたのではないかと想像する。

※※2

※※20

フィギュア選手と浴衣という結びつきも一見突飛なようだが、これまでにも何故かショーやショー後の交流会などで外国人選手にまで浴衣を召していただく演出があったりしたから、そう考えてみるとフィギュアのように国際交流の激しい競技の選手たちに、気軽に着こなせる民族衣装で他国の文化に触れていただくというのは良い着想だし、一方で日本の代表選手である浅田選手にサンプルモデルとして着物や浴衣を着用してもらい伝統文化の普及に一役買ってもらうというのは、日本の伝統工芸品産業に携わる人間の考える算段としても自然な流れだと思う。

※※1

※※4

ところで高橋選手も「ボクらの時代」のテレビ出演の際、市松模様の浴衣を着用していたが、リラックスした雰囲気の番組内容によく合って、和風な味付けの衣装だった『Luv Letter』を髣髴とさせた。

※※21

織田選手なども和装はよく似あいそうだし、昨季の彼の衣装にも忍者を思わせるような雰囲気があったけれど、フィギュアというのは元来、選手のお国柄や民族性を演出するにはもってこいのスポーツなのだから、これからもっと浴衣や着物に限らず、個性的な民族衣装や伝統的なデザインのコスチュームが男女シングルにおいても用いられてもいいような気がする。

(ちなみにキム選手の『オマージュ・トゥ・コリア』でもまさきつねはチョゴリ風の衣装をひそかに期待していた。残念ながらアリランにはあまり関係のない、山だか波だかの模様で大陸性をイメージしたのか分からないが、どちらかと言えばありふれたコスチュームだったので、演技の内容も含め、鳴り物入りだった筈のせっかくの自国への想いも肩透かしという結果に終わってしまったように記憶している。)

閑話休題。さて、可愛らしいと言えば、浅田選手が過去に出演したCMの画像を続けてご紹介しよう。

まずはネピアから、色がとてもカラフルでどれもキュートな表情を浮かべたポーズが印象的な、まさきつねもお気に入りのシリーズは2007年-2008年の「ネピアカラー」である。

※※5

※※6

※※7

※※45

ちなみに2006年は「ふわふわマオマオのネピアホワイト」、2009年からはさらにゴージャスに「鼻セレブ」に変わったが、浅田選手の成長に合わせてCMの内容も美しく豪華にレベルアップしていったのが楽しかった。

※※43

※※42


少し前のエントリーでご紹介した「ちょびマオ」の写真集も素晴らしい出来だったが、2006年の「ふわふわマオマオ」も15歳頃の彼女らしい妖精のようなイメージを具現化したような仕上がりだったように覚えている。

次はロッテからクリミオのCM。

※※18

※※9

※※30

normal_Crimio2.jpg

※※33

かなりメルヘンチックでピエロと共演する甘酸っぱい印象も、チョコレートのCMならではといったところだろうが、作り込まれ過ぎたあざとさが、多少鼻につかないでもない。
昨シーズン、クランキーの宣伝の一件でもロッテはかなりファンから顰蹙を買っていたが、作られたCM動画も元々わざとらしさが「イタイ」感触を与え、浅田選手自身の表情や仕草はこの上なく可愛らしいのに、劇画調の演出や漫画的な吹き出しや「なめんなよ」といったやさぐれた台詞回しなどがすべてを台無しにしているという悪い心証が残っている。

フィギュア261-41

フィギュア261-42

フィギュア261-43

フィギュア261-44

スポンサー側が起用した出演者の本質を見極めず、単純に話題作りを狙い、勝手にキャラクターイメージを糊塗して、持ち味の良さをぶち壊してしまった典型だろう。

そしてオリンパスから、2009年のボンデージ・ファッションの浅田姉妹の画像。

フィギュア261-46

kuro1_20110705000511.jpg

kuro2.jpg

kuro3_20110705000540.jpg

kuro4.jpg

kuro5.jpg

kuro6.jpg

フィギュア261-26

kuro7.jpg

kuro8.jpg

舞さんはさすがに色っぽさが滲み出ているが、浅田選手はアンドロギュヌスのような硬質の透明感があり、禁断のエロティシズムというものがあるとしたらこういうものではないのかと、まさきつねは思う。「キャッツアイ」という指摘もあったが、黒のレザースーツはどちらかと言えば「キャットウーマン」風だろう。

以前にいただいたコメントで、こういったファッションでリンクを滑る浅田選手を観てみたいというご意見があったが、とてもジャンプできるような出で立ちではないので、もしデザインするとしたら革ではなく、革の風合いをしたストレッチ素材を探して、それらしく作るしかないのだろうなと思う。
競技用にはなかなか無理かも知れないが、ショーなどならこうしたイメージの演目にも挑戦して欲しいものだと、まさきつねもつい想像してしまう。

次にもう一つ新しいニュースで、ウィダーのサポートチームから新体制が発表されていたが、これこそファンには待ちに待った朗報だったと思う。
おそらくロシアでのワールドで浅田選手が極限まで絞り込んだ身体を見せ、それが裏目に出たのか全く結果に繋がらなかったことなども踏まえて、今回いろんな局面を新たに見直そうという方向に落ち着いたのだろうか。無論、昨シーズンも決してウィダーが手抜きをしていたとは思わないが、昨年の夏から佐藤コーチという強力な指導者が就いたことも、協力体制を組む側にもさらに支援のテコ入れを再認識させたということがあるかも知れない。

フィギュア261-45

※※23

※※24

画像は一年前、「栄養・トレーニング」サポートプロジェクトを継続するという発表の記者会見でのもの。
これから苦難のシーズンを迎えることになるとは、まだ浅田選手自身もウィダーも露ほども思っていない頃で、佐藤コーチの就任も決定していなかった。

それにしても、自分で書いておいて今さらなのだが、今回はいつもに増してとりとめのない内容になってしまった。まるで引っくり返した玩具箱か宝石箱のように、画像も何の関連性もなく並んでいるが、まさきつねの不調法にはあまり突込みをお入れにならず、懐かしみつつ楽しんでいただけたら幸いである。

最後にまたネピアのサイトから、メッセージ入りの画像で締めくくる。

※※13

※※14

※※15

今回はそんなに昔ではないが、今となっては懐かしい画像ばかりご紹介したが、こうして改めて見てみるとやはり、浅田選手は文句なしに可愛いと思う。

小松左京さんは「人間として華がある」という表現をされたが、確かに誰もかなわないほどの華もオーラもあるのだけれど、それでも誰も手が届かないような彼方で取り澄ましているのではなく、いつもどんな時もそばにいて、誰かのこころに寄り添っている、そんなイメージがある。
今度の新しいSPは「女王の物語」を演じるとのことだが、気高いが慈しみのある優雅な姿を見せてくれることだろうとあいかわらず、楽曲の予想を楽しみながら待ち焦がれる日々である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白い波が頭へとびかゝつてくる七月に
南方の奇麗な町をすぎる。
静かな庭が旅人のために眠つてゐる。
薔薇に砂に水
薔薇に霞む心
石に刻まれた髪
石に刻まれた音
石に刻まれた眼は永遠に開く。
(西脇順三郎『眼』)


※※11

※※10

※※12


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

Comment

moonlight says... "女王の帰還が始まった!"
今日は、まさきつね様。
ちょびマオから、今日のフォトをずっと見て、浅田真央はやはり、いそうでいない女の子なんだなあと思いました。だから、大の大人が弥勒菩薩説やかぐや姫説、某おっさい氏のきゃわわわわわいw という擬態(一度言ってみたかった)をとるのかもしれません。こう言う私も、「小公女」を連想していました。
しかし、ウィンダー側も、佐藤コーチ、牧野さんの会話をよく出したと思います。これを踏まえてのJO不参加でしょう。いよいよ佐藤体制の意向が動き出したという感じです。
チャリテイブックの佐藤夫妻の「やっぱりうまいなあ・・・」「見とれてしまう・・・」「真央にはやはり魅力がある」「あの子の良さをもっと引き出してあげたい」(この個所3回読みました)に繋がっていきます。
いよいよ、女王の帰還が始まります。
2011.07.05 19:14 | URL | #- [edit]
さくらこ says... "はじめまして"
まさきつね様、こんにちは。
初めてコメントさせて頂きますが、実はずーっと御ブログは拝読していました。
私はまさきつね様のブログ、好きです。
ご自身の意見と立ち位置が明確で、深い考察と沢山の写真をいつも楽しませて頂いています。
これだけの内容を考え、書き、写真を探し貼り付けるというのは、とても時間がかかることだと思います。そしてそれを続けているということに敬意を表します。
まさきつねさんとsawakichiさんとmizumizuさんにフィギュアの見方を教えて頂きました。
これからも楽しみにしています。

私も真央ちゃんが好きです。DOIにもJOにも出ないのには驚きましたが、その分GPSに期待しています。

ちなみに私は真央ちゃんのCMでは、アジエンスのが一番好きです!

浅田真央という人は、本当に「選ばれた人」ですね。
2011.07.05 23:49 | URL | #GaU3vP2. [edit]
オレンジ says... "空中庭園の散歩"
このタイトル素敵ですね!
今はシーズンオフで、確かにフィギュアネタは少ないのですが、真央ちゃん情報に飢えてお気に入りのブロガーさんのところを覗いてしまいます。

ネピアのCMの真央ちゃんは本当に透明感に満ち溢れていて、今では当たり前のように使うピュアという言葉がこれほど似合う女の子もいませんね。
ロッテはその素材を活かしきれていないと前から思っていました。
オリンパスのいい意味でイメージを裏切るボンデージもかっこよかったし、舞ちゃんとの競演も大好きでした。
ホント美人姉妹ですね!

浴衣姿も文句なしに似合うし、日本女性として最高のモデルさんでしょう。商売云々となんにでもケチをつけてくる低俗な輩は相手にしなきゃいいんですよ。(ばっさりすぎますかww)

選手の個性や魅力はそれぞれだし、浅田真央の美しさは
浅田真央だけのものです。きらきらした笑顔は、邪悪なものを入り込ませない心の強さの表われでしょうね。
あれほど醜いやりかたを見せ付けられていてもその輝きが損なわれないのですから。

正直JO欠場というのは驚きましたが、矯正を続けながら
新プロを練り上げていくのにはその方がいいでしょう。
一刻も早く氷上の浅田選手の姿を観たいファンにとっては、ここは我慢のしどころですね。
でも、こんな時日本の選手層の厚さに感謝してしまいますね。

チャリティブックの「浅田さんは伸びしろばかり」という言葉にいたく感激しつつ、新しいシーズンでの彼女の
演技を観られる日を心待ちにしています。
2011.07.06 00:17 | URL | #aqzl0.Kg [edit]
cerestia says... "No title"
まさきつねさん、こんばんは。数回目のコメントです。
今年は真央ちゃん、ショーの出演を押さえているようですし、新プロ発表もまだということで「ネタがない」ことや「読者ががっかり」の心配をされることはありませんよ(って何だか上からの物言いに聞こえますが、そうではありません!)。
確かにショーで見られないのは淋しいし、早く新プロも知りたいし、「真央不足」になっていますが、昨年のオフシーズンは特にフィギュアのニュースが途切れることなく続いて(誰かのコーチ解任劇ってのがありましたので)正直年がら年中フィギュアスケートという感じでニュースやみなさんのブログをチェックしなきゃ!と落ち着かなかったのです。
試合がない時期にあれだけ話題が多くなったのっていつからでしょうか。(それとも私が知らないだけでしょうか。)
真央ちゃんだけでなく選手の皆さん、この時期も多忙な日々を送っているようで、今シーズンも全力で応援しようと思っていますが、それとは別に今の時期はちょっと心落ち着けて過ごしたいなあと勝手ながら感じます。試合になると落ち着こうと思っても落ち着かないので…
「浅田真央 Book for Charity」を何度も読み、ずっと選手を応援すべく自分も心を強く持ちたいと思っています。
個人的な勝手な意見でした。
2011.07.06 00:47 | URL | #0n48PNnA [edit]
まさきつね says... "まずは第一幕"
moonlightさま
ご訪問うれしいです。
仰る通り、いそうでいない存在というのが、まさに理想ということなんですよね。実際、彼女のような二十歳の女性には、本当にお目にかからなくなったような気がします。清楚で凛としていて、礼儀正しく努力家…古き良き日本女性の褒め言葉だったように思うのですが、今や天然記念物かも知れませんね。
チャリティブック、素敵な仕上がりの本でしたね。まさきつねも早々に送っていただいたのですが、まだお手元に届いておられない方がいるかなと思い、しばらく紹介を控えていました。でも文句なしに素晴らしい内容でしたね。佐藤ご夫妻の言葉に涙した方も多いと思います。
女王の帰還、その一幕目が始まったということですね。
2011.07.06 01:41 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "復活が楽しみ"
さくらこさま
初めまして。ご訪問うれしいです。
まさきつねもSAWAKICHIさんとmizumizuさんには教えられることばかりです。どちらもフィギュアや芸術に造詣が深いばかりか、人間を観る目や人生を見通す力に優れておられますよね。
まさきつねのブログもこのおふたりに少しでも近づくよう、皆さまに何かの示唆やお楽しみをお伝えできればいいなと思っております。
アジエンスのCMも素晴らしいものばかりですね。それだけに、これまでのエントリーでご紹介しているものばかりだったので今回は外しましたが、彼女の良さを引き出してくれるスポンサーやプロデューサーには感謝したいですね。
浅田選手にはこのオフはしっかり充電してもらって、GPSに女王の復活を望みたいですね。
2011.07.06 02:01 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "空中庭園はまだまだ続きます…"
オレンジさま
ご訪問うれしいです。
ふわふわと空中に浮かぶ庭園を歩くように画像を楽しんで欲しいと思って付けたタイトルです。気に入っていただけて良かったです。ぼちぼち集めた画像を整理して、皆さまにいつでも楽しんでいただけたらいいなと思っています。
それにしても、こうして過去の画像から眺めてみても、その美しさや意志の強さがぶれないことに驚きます。周囲がどんなにあざといことをしても、浅田真央という素材は少しも瑕がつかないのですから素晴らしいことです。
JOではほかの日本選手たちに頑張っていただきたいですね。層が厚いというのは本当にその通りだと思います。ただ、怪我だけは気をつけて欲しいです。外国から参加していただける選手たちにも、こころから感謝したいです。被災した日本のために少しでもというお気持ちが伝わってくるようですよね。
2011.07.06 02:16 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "「真央不足」解消のために"
cerestiaさま
ご訪問うれしいです。
そうですね。昨年は何だかゴタゴタしてばかりで、余計なニュースに振り回されましたね。
やっぱり佐藤コーチが就いて、ショーやイベントにも引っ張り回されず、きちんとした体制で落ち着いたオフシーズンが過ごせるというのは何よりのことですよね。
「真央不足」は寂しいですが、それだけに期待が高まりますね。浅田選手も佐藤コーチたちスタッフも、満を持してシーズンインに望まれることと思います。
それまで、まさきつねもまだたくさんご紹介したい画像が残っておりますので、少しずつ整理して、「真央不足」解消のお役にたちたいと思います。
2011.07.06 02:27 | URL | #- [edit]
モジ says... "新情報です♪"
こんばんは、まさきつね様。

さっき何気なく開いたサイトのトップに、
浅田選手と小塚選手のペアプロ練習写真が載っていました。

http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011070801000560.html

記事によると、なんと、曲は『ルパン三世』?!

有名すぎるテーマ曲の方なのか、映画のテーマ曲なのかは分りませんが、
いずれにしろ、意外な選曲☆

小塚選手=ルパン三世
浅田選手=クラリス姫

だったら、『炎の宝物』かも(歳がバレちゃいそうですね~(´∀`;))www
浅田選手のクラリス姫はピッタリなキャスティングかも知れません。
清楚で無垢で透明感があって、美しくて芯が強い。ハマりますね♪

どんなプロになるんでしょう?
観に行かれた方の感想も楽しみです。
2011.07.08 19:46 | URL | #koCIqGuQ [edit]
nao says... "No title"
まさきつね様 こんばんは♪

ルパン・・
とうとうレザーパンツで滑る日が来ましたね・・
なんて。
姫もよいですが、
フジコさんの役を真央ちゃんってのもぃぃ。
カッコぃぃとこもあるって言っていたし^^
それから・・
タンゴまだ諦めてませんょw
今季のEXになってるんじゃないかと期待。
いづれにしても待ち切れないです~

2011.07.08 21:12 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "女王と騎士の共演で"
モジさま
ご訪問うれしいです。早速の新情報、ありがとうございます。
まさきつねはニュースでふたりのペア練習をちらっと観ました。まだ慣れない…というコメントが付いていたようでしたが、息はぴったりという感じでしたよ。
『ルパン三世』はショーには良いのではないでしょうか。小粋でお洒落ですよね。
小塚選手にも、日本の至宝クイーン・オブ・アクセルを守るダンディズムを魅せつけて貰いたいですね。
2011.07.08 22:41 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "楽しみですね"
naoさま
ご訪問うれしいです。
そうか、峰不二子ちゃんもアリなのかな。いよいよキャットスーツの出番ですかね…ペアじゃ尚更滑りにくそうですけど(笑)。
こんな話題は楽しくて好いですね。
だから数年先の五輪招致の話など、もうどうでもいいですね。その頃、本当に世界が平和で、震災で傷ついた日本が無事に復興していてくれさえしたら、どんなオリンピックだって安全に開催され安心して参加でき安穏と楽しめます。
いつかこの手に抱かれたものはすべて消えゆく定め…欲張ることはありませんね。
2011.07.08 22:53 | URL | #- [edit]
nao says... "No title"
まさきつね様 おはようございます♪

そう全て消え行く定めなんですよね。
髄分と前にタラソワ先生が踊る
ポルウナ・カベサを観たとき

>所詮 行き着く場所って 
みんな 変わらない。
だとしたら タラソワ先生のように 
心置きなくタンゴの調べに
身を委ねることのできる晩年
自分の信念を持って
生きてきたからこそって感じで
とてもかっこいい。

とブログに記していたのを思い出しました。
どういう生き方をするか、それがイチバン大切。
たとえ理不尽な結果に終わっても。
今更ながら、やっとトルストイの
「悪魔のしわざはみごとでも、 
 神のしわざはゆるがない」
この境地が分かるようになってきました。

そうそう ヤマモモ!
宮崎の実家で山に沢山なるんです~
ヤマモモシロップやヤマモモ酒にするんですが
とっても色が美しくて。
味は、梅や杏に比べるとパンチが足りない感じですが
綺麗なルビー色に魅了され
毎年作りたくなります。
今は実家を離れ
梅や杏でしか作ってませんが・・
とても懐かしかったです。

2011.07.09 09:12 | URL | #- [edit]
nao says... "カリオストロの城"
まさきつね様

続けて失礼致します。。。

やはりクラリス姫のようですね ^^
少し残念という思いもありますが、ピッタリ。
今年はこれぞ浅田真央!っていうプログラムで
真央さんのイメージ路線でいくのも素敵です。
平昌招致についてもコメントされてましたね。
やはり真央さんが好きだなぁと思います。
2011.07.09 17:53 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "足元を見据えて"
naoさま
続けてご訪問うれしいです。ヤマモモご実家におありになりましたか。うらやましいです。ほんとに綺麗な実がなりますよね。身体にもすごく良いと聞きます。
こんなに自然で飾らない、さりげない生活を日本は取り戻すべきです。ダムや原子力に頼らないといけないような過剰な電気は必要ないと思うのです。24時間営業のコンビニが本当にいりますか。夜は寝て朝は起きる暮らしで充分なのではないでしょうか。
浅田選手のクラリス、楽しみですね。新シーズンは目いっぱいお姫さまで酔わせてくれるということでしょうね。本編(競技)の予告のようなペアかも知れませんね。
平昌は30歳と27歳のふたりですから絶句も当然でしょうね。どこに開催地が決まったって、他国選手にとって、開催地の決定に特別な思い入れも何の感慨もある筈ありませんから、祝福するのが大人の対応というものですよね。ヴィットのミュンヘンに対しては残念ですというしかないですもの。浅田選手は本当に、人間として真っ当な正常感覚を持った立派な大人だと思いますね。
日本や日本の政治家たちは浅田選手に倣って、もっと足元を見据えた国としての立て直しに本腰で取り掛かるべきですよね。
2011.07.09 20:31 | URL | #- [edit]
よっこいしょういち says... "はじめまして。"
まさきつねさま、いつも興味深く拝見させていただいております。初のコメントで、いきなり新しいエントリーのものでなくてすみません・・・。
私も真央ちゃんの新SPの妄想が膨らんでしまいまして(^^;)
モノクロの写真を見たりすると、ぜひ「ローマの休日」の王女を演じてもらいたいなあ。映画音楽ではないのでようけど。あと音楽的にいいのかわからないのですが、オペラで細川ガラシャの作品があると小耳にはさんだので、これもイメージに合うなあなんて思います(*^_^*)
女王ではないですね(苦笑)
女王でないついでに、2011世界選手権でのSP、ほっそりした体とあの衣装で、リンクに出ていく真央ちゃんを見たとき、なんとなく火刑におもむくジャンヌ・ダルクのようだと思いました(T_T)
ので、戦うジャンヌを見てみたいです!
そうだ、キム・ヨナの「オマージュ・トゥ・コリア」、私もチマチョゴリっぽい衣装かしらと思ってました・・・黒は韓国では良いイメージの色なのでしょうか。日本だと儀式的・格式のある色とも取れるし、悪のイメージとも取れるかと思いますが。祖国への愛を示すものとしては・・・ジゼル同様、新解釈?
乱文、失礼しました。(あと、ひょっとすると中途半端なものを一度送信してしまったかもしれません・・・重ねて失礼しました)
2011.07.13 22:54 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "フォトジェニックな美しさ"
よっこいしょういちさま
初めまして。ご訪問うれしいです。びっくりのHNですね…昭和が甦ります(あの方のお名前のパロディですよね?)。コメントされるエントリーはどうぞ、古さ新しさをお気になさらず。いつでも、どのエントリーにいただいても嬉しいです。
ローマの休日のヘップバーンも、ジャンヌ・ダルクも、浅田選手に似合いそうですよね。モノクロの雰囲気は独特で、彼女のフォトジェニックさを良く表していますね。ガラシャ夫人も良いですが、いつか日本をテーマにしたプログラムを滑って欲しいですね。
キム選手がチョゴリを使用しなかった理由は分かりませんが、今度の韓国でのショーではどうでしょうね。衣装はともかく、手抜きのEXでお茶を濁すようなことは自国のファンにも恥ずかしいと思いますが、要らぬお世話かも知れませんね(苦笑)。
2011.07.14 00:21 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/314-490b9124
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。