月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

四月の短歌 其の参

佳品嘆美32

ミケランジェロ・ブオナローティ『夢』15世紀


黄のはなのさきていたるを せいねんのゆからあがりしあとの夕闇
(村木道彦『天唇』)


.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.



ひらがなで描かれた淡彩画のような情景。しかしそこに青年の姿は無い。主題の不在を花が縁取る、夕暮闇のパストラル。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/415-601d31a9