月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

夜がやって来る

フィギュア314-1


僕らははじめからお互いを知っている
一歩踏み出す度に 君はそこにいた
晴れた日も 曇った日も

もがくたびに 僕は成長してきた
多くを学び わかったんだ
前よりも豊かになっていること

毎回 僕は少し視界が広くなり
毎回 世界が素敵になっていくことを知った

全てを受け入れよう
転んでしまったときも 僕にはわかる
君がそばにいてくれる

良いときもそうでないときも
笑っているときも 泣いているときも
僕にはわかる 君がそばにいてくれる

We’ve known each other since the start
Every step you’ve been a part
When skies are blue or gray

Every struggle helped me grow
I learned a lot and now I know
I’m better off today

Each time around I see a little more
Each time I’ve found it’s greater than before

I can take it all
Even when I fall
I know you’re with me

Through the low and high
When we smile or cry
I know you’re with me
(エイドリアン・ジェイムズ・クラウチ『君がそばにいてくれる』)

☆いいなCM 住友生命 浅田真央 「メッセージ」篇☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とうとう来るべき時が来たということだろうか。

ソチ五輪の後の引退は、誰もがもしかしたらと考えたことだし、まだ年齢として早いのだからもう少しという考えも持っただろう。

しかし、ソチの次は平昌だ。


浅田選手の意向は至極当然のことともいえるだろう。








あまりに寂しいので、住友生命の応援ソングで冒頭を飾ったが、まさきつねはむしろ以下の詩のような気持ちだ。

あなたがいなくなった後、フィギュア競技のファンたちはこころに空いた大きな穴に耐えねばならぬ。
光を失った後、フィギュア競技は必ず訪れる夜に耐えねばならぬ。


人気のある選手だからと、イベントのような試合にもかり出され、疲れ果てた体に鞭打たねばならなかった。
そして転倒の写真ばかり貼り付けられ、ペア不在の今、どう考えてもおかしいいびつな対抗試合の順位にまで、やいのやいの言われる。


この競技のファンはあなたに温かったかも知れない。
(それだけが救いだ。)

だが、マスコミは、あなたをさんざん利用したくせに、いつも手のひらを返した。
競技を運営する組織は、あなたから絞りとるだけ絞りとったくせに、いつも氷のように冷たかった。

*****


駱駝のような足が
あるいて行く夕暮れがさびしくないか
のっそりとあがりこんで来る夜が
いやらしくないか
たしかめもせずにその時刻に
なることに耐えられるか
階段のようにおりて
行くだけの夜に耐えられるか
潮にひきのこされる
ようにひとり休息へ
のこされるのがおそろしくないか
約束を信じながら 信じた
約束のとおりになることが
いたましくないか
(石原吉郎『夜がやって来る』)


フィギュア314-2


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

Comment

スーザン says... "彼女の存在"
まさきつね様ご無沙汰しております。
以前、2回程おじゃまさせて頂きました
スーザンです。

まさきつね様の抱えている状況が
少しでも明るい方向になることと
いつかまたブログ再開されることを
陰ながらずっと願っておりました。とても嬉しかったです。

まさきつね様にしか表せない
浅田真央さんの世界
ファンとして
それを読んでいる時が至福の時です…

今後も楽しみにしております。

今回の引退報道ですが
お母様を亡くされた時期の真央ちゃんのコメントで

お母様の生前に(ご病気と闘われていた時でしょうか…)
ソチまでやるべきことをやる と家族で話し合い約束したという
内容かエピソードがあったと記憶しております。

真央ちゃんはいつだって
その時の気持ちや決意を
ありのままにきちんとファンに伝えてきてくれました。
私もファンとして
ソチが集大成と予測して
昨年はアイスショーや今回の四大陸のスワンを観にいきました。
もっと真央ちゃんを観たい…
演技の直後、心が叫びました…

今年は本当にスケート界にとって貴重な1年になりますね…

先日
彼女が瞳をうるませて少し声を震わせながら
メダルというより
最高の演技をすることが目標と言った時
その背景にあるものを想像して、心が痛みましたが

自身のスケートの昇華に向かっている彼女は
アスリートであり芸術家だなぁとしみじみ思いました。

マスメディアのような計算なんてさらさらなく
いつだって彼女には
真実がある。
だからみんな心を動かされるんですよね。

四大陸の時もすごかったですが、
今回のたくさんの花束や声援、あの愛されてる空気

彼女の存在ってすごい…
なんなんだろうと

ファンながら改めて感じました。
2013.04.14 13:51 | URL | #D98iByG. [edit]
まさきつね says... "かけがえのない存在"
スーザンさま

ご訪問うれしいです。

まさきつねも今回の引退表明は薄々感じていました。ただ、本当に彼女の言葉として出てくると、あまりにも胸が痛くなりますね。
それほど大きな、かけがえのない存在ということでしょうね。

一夜明け、まさきつねもいろいろ心に思っていたことを記事に吐き出してみました。
決してきれいな言葉だけでは語れないことも多かったです。
人によってはまったく違うご感想をお持ちの方もあると思います。

でも少しでも、ソチに向けて、選手たちを取り巻く状況が変わることを願っているのです。
まさきつねのブログをご訪問してくださった皆さまが、少しでも何かいろいろなことについてお考えを深める、そのきっかけとなればうれしいです。
2013.04.14 20:13 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/425-89a6798d