月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

六月の短歌 其の参

佳品嘆美34
アンドリュー・ワイエス『Airborne』1996年


麦畑だ。楢の林だ。高圧線の大鉄塔だ。六月だ。野だ。
(矢代東村『パンとバラ』)

.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.



畳みかける口語自由律。六月の野の彼方に、そそり立つ鉄塔のような体制の横暴と闘うプロレタリア歌人のポエジーが拡がる。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/445-c197c0a3