月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

はいからさんが通る

IMG53.jpg

☆*・゚゚・*:.。..。.:*・゚☆゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*☆

MILK4-1


◇◇◇◇◇


MILK4-3

MILK4-2

MILK4-4

MILK4-5

MILK4-6


袴というのは、その立ち姿の美しさもさることながら、腰を高い位置で締めて固めることにより、背筋を支え、上半身の動きを軽快にするという効用があり、姿勢を正しくして和装の動作を身軽にするのだ。

それゆえ平安時代にはある階級以上の女性たちに着用され、宮中で立ち働く女官たちの必須アイテムだったものだが、武家社会が中心となった鎌倉時代以降は衰退し、宮廷以外の場で見られることはほとんどなくなった。女子の袴姿が復活したのは、椅子に座る西洋的な習慣が入ってきた明治になってからであり、身軽で裾の乱れを気にしないで済む服装の必然性が、当時の職業婦人たちを中心に生まれたのである。

士族の子女が通う女学校の教師、生徒らも当初は、男子の袴である仙台平をそのまま流用していたようだが、これを奇異として批判する向きも多く、1883年(明治16)には、文部省による「習風ノ奇異浮華二走ルコトヲ戒ムルハ、教育上惣ニスヘカラサル儀二候」という通達から女学校の服装に規制を定めて、女子の男袴着用が禁止という事態になっている。

1883年は鹿鳴館完成の年で、文部大臣に就任した森有礼を中心に欧化主義が席捲した時代であり、女学校や東京女子師範学校では洋装が当然のように義務付けられたのだ。しかし1889年(明治22)の森有礼暗殺以後、ふたたび和装と袴姿が女学校の風景に戻ってくることとなった。

ところで、女学校の袴姿の始まりについては、いわゆる近代日本の女子教育界における中心人物である下田歌子の創案とするものと、跡見花蹊が公家屋敷(姉小路邸)内で開いていた私塾から開校した跡見女学校の採用とするものと二説あるようである。

下田歌子は1854年(安政元)岐阜県に生まれ、明治政府に登用された父に従って上京、明治五年、宮中に女官として出仕した。その歌才を昭憲皇太后に認められて、とくに歌子の名を賜った。1885年(明治18)、学習院女子部の前身である「華族女学校」開設時には幹事兼教授に任ぜられ、翌年、校長の谷干城が入閣後、学監となり校長事務を代行した。
『家政学』や『国文小学読本』などの学術書を執筆、欧米各国女子教育状況視察のため渡欧するなど、数々の実績を積み、華族女学校が学習院女子部に合併した際には教授兼女学部長となり、ほかにも実践女学校など多くの女子向け教育施設の開設に関わっている。

石井研堂『明治事物起原』では「女学生の袴の海老茶色なるは、華族女学校に創まり、校長下田歌子の案なりといふ。これより、女学生に『えび茶式部』の俗称あり」と解説があり、正確なところは不明ではあるが、下田歌子が華族女学校赴任中に、宮中における袿袴の切袴をもとに、男子の袴と違って背中の腰板もなく、襠(股)もないスカート状の行灯(あんどん)袴を考案したらしい。

井上ひさしは短編小説『海老茶式部の母』の中で、「明治十八年、いまの学習院女子部の前身である華族女学校が開校したとき、そこの学監だった彼女は、それまでの裳姿がとかく女子としての礼容を欠き、高貴な御方々の前ではなんとしても恐れ多いと考え、従来の緋袴と指貫とを折衷して新しく華族女学校専用の袴を考え出した」と書いている。

厠での所作も楽で、実用性に富み、スタイルとしても颯爽として優美であるのが特徴で、華族女学校の袴はカシミア製で色は紫がかった暗赤色(海老茶)である。
これは下田歌子が、宮中袴では十六歳未満の色とされる「濃色(こきいろ)」をもとに考えたものらしく、後に全国の女学校でもこれにならったため、女学生のことを紫式部になぞらえて「海老茶式部」と呼ぶこともあったようだ。

夏目漱石は1905年(明治38)から執筆した『吾輩は猫である』の中で、「主人は娘の教育に関して絶体的放任主義を執るつもりと見える。今に三人が海老茶式部か鼠式部かになって、三人とも申し合せたように情夫をこしらえて出奔しても、やはり自分の飯を食って、自分の汁を飲んで澄まして見ているだろう。」と、やや自由な気風になった時代のお転婆な女学生をイメージしたのか、漱石らしい風刺の効いた文体で解放された女性像を揶揄するように描写している。

一方、跡見女学校の方は、現跡見女子大学の沿革によると、「生徒の服装は、明治8年の開校の時から紫の袴を着用した。時の皇后陛下の『跡見女学校にては紫袴を用いよ。紫と緋とは同位にて、女生徒にふさわしき色合いなれば』とのご沙汰を得たものという。紫の袴に象徴される跡見女学校のスマートさは一目瞭然、世の注目を集めて以後の女学生ファッションの範となった。」とあり、実際に男子袴禁止令が下る前の1882年(明治15)、跡見女学校の寄宿舎に起居する女学生の袴姿の写真が残されている。

明治四十年代前半に流行った、当時の学生風俗をねたにした俗謡『ハイカラ節』で、跡見女学校の生徒は「しなしなしなと出で来るは、やさしく君を小石川、跡見女学校の女学生、背なに垂れたる黒髪に、挿したるリボンがヒーラヒラ、紫袴がサーラサラ春の胡蝶の戯れか」と詠われ、紫の特色のある袴が東京市民の目を引き、それは華族女学校の「海老茶式部」に対し、平安歌人の赤染衛門から名をとって「紫衛門」とも呼ばれたそうだ。

前述の『吾輩は猫である』にも、「…突然妙な人が御客に来た。十七八の女学生である。踵のまがった靴を履いて、紫色の袴を引きずって、髪を算盤珠の様にふくらまして勝手口から案内も乞はずに上って来た。是は主人の姪である。」という描写があり、こちらは紫の袴を着用した跡見の女学生がモデルのようである。

さても実際、女子袴採用のどちらが先か厳密な判定は難しいところのようだが、いずれにしても最終的に1899年(明治32)に当時の女子の最高学府である「女子高等師範学校」(現・お茶の水女子大学)がなぜか金属バックルのベルト付きという特殊なデザインで袴を制服として制定し、袴姿の女学生というイメージが広く定着することになった。

1903年(明治36)から読売新聞に連載され、明治の女学生を描いてヒットした小杉天外の青春小説では、才色兼備の女学生萩原初野の瑞々しい様子を「鈴の音高く、見はれたのはすらりとした肩の滑り、デードン色の自転車に海老茶の袴、髪は結流しにして白いリボン清く、着物は矢絣の風通、袖長ければ風に靡いて、色美しく品高き十八九の令嬢である。」と描写する。

袴姿で束髪、自転車を乗り回す「はいからさん」のモデル像はここに確立したようだ。

女学生の活動的な衣服として、その実用性とステータスが社会的に認識された女子の袴は、その後、明治の職業婦人たちにも愛用されることになり、特に女性教師や女子判任官(公務員)といった知的職業に従事するキャリア・ウーマンに普及した。

もともと平安時代の宮仕えする女性たちの仕事服だった、その歴史的流れを受け継ぎつつ、学校という近代化装置に組み込まれた女性たちがその社会的存在を公的な視点の前で認識されていく、その一端を「袴」という特殊な衣装が担ったといっていいのだろう。

そしてそれは、単純なトレンディ・ファッションという形而下の装いであるだけではなく、平安の昔から、男性並みあるいは男性以上のパブリックな働き手としての女性たちの矜持、あるいは知的文化の創造主としての誇りといったものに通じる、精神的な覚悟の顕れであり、クリエイティブな神髄の形象化にほかならなかったに違いない。

惜しむらくは女性の袴着用の文化は昭和の初めごろまで続いているが、関東大震災以後、一般家庭にまで急速に広まった洋装文化によって、女学校の制服もセーラー襟の洋服が普及し、女子袴の用途は卒業式での正装といった限られた場面に減少した。

現在、卒業式以外で学校の中で見かけるのは、弓道や剣道の選手くらいのものだろうか。職業としては、巫女さんや伝統芸能の講談師、活弁士といった特殊な職種の衣装として残っているが、いずれも非日常的な世界という気がする。

まさきつねなどは、袴姿の利便性や立ち居振る舞いの優雅さなどを鑑みても、お茶席の水屋仕事に従事したりする者や、あるいは亭主なども、男性だけでなく女性ももっと積極的に女子袴の着用を考えてもいいのではないかと思うのだが、茶道や華道のような伝統文化の世界でもまだなかなか頻繁にお目にかかれない。

ほんの少し前の時代では、普通の公立小中学校の女性教師が卒業式に袴を履くという光景もごく自然にあったのだが、今日では卒業生よりも目立ちたがりの先生みたいな批判が親の間から出て来るらしくて、和装やましてや袴姿などは、今や突拍子のない奇異なものと煙たがられる傾向があるようだ。

精一杯の盛装で、卒業生を祝福してやりたいという教師側の意図も汲み取ってもらえないなら、端からどうしようもない話ではあるけれども、聖職とは言わないまでも、教育というひとつの特別な現場において、ほそぼそながら受け継がれてきた女子袴の文化が卒業式という「ハレ」の場でさえこのまま廃れていくのを、手をこまねいて見ているのは日本人として少しばかりさびしい。

「清く正しく美しく」という日本女性の理想も今となっては時代遅れも甚だしい、お笑いのネタに等しい幻のようなものなのだろうが、その魂を具現化した袴のような民俗衣装や伝統文化くらいは、せめてもう少し軽んじられることがないようにと思うのは、アナログな頭が考える旧式な観念かも知れぬ。

かも知れぬが、そこにこそ何か、時代が移り変わっても日本人が忘れてはならない、大切なものが残されているような気がしてならないのだけれども…


MILK4-7


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

Comment

あちゆた says... "袴について"
こんにちは。
連日の書き込みをご容赦ください。

今回も可愛らしいイラストと
お綺麗なお写真をありがとうございます。

娘が中高と剣道をやっておりましたので
袴は身近な物でありました。

武道の袴は所謂男袴ですね。
腰板もあり、股もあり、丈も踝まであります。
胴着に袴の姿はなかなか凛々しく
普段は少々猫背気味ではないかと思う娘ですが
着用するとぴしっと背筋も伸びていたように記憶しております。

そして、この3月に大学を卒業いたしましたが
卒業式は憧れのはいからさん風味で
小振袖に袴にブーツと言うスタイルでした。

そして、この卒業式に着用した袴は
女子袴で、スカート状の物でしたので
何だか剣道の袴に慣れていた娘は
ちょっとびっくりしておりました(^_^;)

紅緒さんの袴姿はとても颯爽としていて
元気いっぱいのイメージがありますが
現代の女性が着用すると(真央さんも含め)
いつもと違った淑やかな印象を与えてくれるようです。
面白いですね。

お茶席。
そう言えば男性は着用しますね。
袴姿の亭主にお茶を点てて頂くと
緊張度もあがり、気分も高揚したのを思い出しました。
対して、女性はやはり着物です。
自分も着物でした。
袴の発想は全くありませんでした。

長々と私事で失礼いたしました。
そして、前エントリーのコメントで
山田氏のお名前の字を間違えていることに気づき
愕然としております(TДT)
大ファンなのにっ(T_T)。
重ね重ね失礼いたしました。
2013.06.06 16:59 | URL | #H2bJx2BE [edit]
まさきつね says... "日本文化の奥深さ"
あちゆたさま

お気遣いなく、何度でもご訪問なさってください。うれしいです。

まさきつねも、行灯袴よりも馬乗り袴のような男袴の方が、姿形が凛々しくて美しいと思います。はいからさんが自転車を乗り回すには、やはりこちらが好いでしょうしね。でもちょっと、男装の麗人のような雰囲気になるのかな。淑やかなイメージはやはり、女子袴なのでしょうね。

娘さんの袴姿はきっと可愛らしかったでしょうね。二十歳の振袖や、卒業式の袴などは、今のご時世では贅沢なことかも知れませんが、こういう時こそ贅沢していいでしょ(今でしょ!)と思います。健やかに育ったお子さんを周囲が祝う大事な行事ですからね…

お茶席の袴はまだ奇異にとられるでしょうね。でも女亭主が袴でおもてなしするというのも、あながち悪くないと思うんですよね。それこそ着物ほど華美でなく、わびさびの空気感があると思うのですけれどね。

はいからさんの紅緒さんはいじらしくて可愛かったですね。キャンディ・キャンディと並び、少女漫画がお転婆だけど情に厚い正統派美少女を主人公に据えていた時代でした。男性キャラが記憶喪失や行方不明になるというパターンも、この頃の王道でしたね。
韓流ドラマの原型など、日本ではとっくの昔に流行り廃っているのですよね。そして恋愛ドラマの源流の大半は、源氏や平安の日記文学の中に生まれています。

やはり日本文化の奥深さを感じますね。
2013.06.07 14:26 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/456-88b71332