月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

書籍化について

murasaki.png

急なお知らせで失礼いたします。


以前、コメントでいただいたお話から、近々拙ブログの一部を書籍化する試みを考えております。

つきましては、拙ブログへご訪問いただいております皆さまから、忌憚のないご意見ご要望を承りたいと思うのですが、どのような内容でも構いませんので、コメントをお寄せいただけたら幸いです。

具体的にこの記事のこの部分、というご指摘がありましたら、大変参考になります。

逆に、抽象的なイメージだけでもできるだけ参照させていただきたいと思います。


書籍化するにあたり、一番問題になるのは引用と、個人情報です。
拙ブログの記事の多くに、フィギュア選手の個人名が出ております。
署名権、著作権等、さまざまな人権問題がございますので、そうした部分には特にデリケートに対応していきたいと考えております。

こうした点を鑑み、皆さまからご協力いただけたらと存じます。
何卒、よろしくお願い申しあげます。

                                 まさきつね

関連記事
スポンサーサイト

Comment

一読者 says... ""
まさきつねさま、出版のお話とても嬉しく楽しみにしております。
毎回拝読しフィギュアスケート以外にも勉強させて頂いている身としては、博識なだけではなくどの分野にも心のこもった愛情ある文章をお書きになられているまさきつねさまのブログですから、先日コメント欄にありました真央ちゃんの写真掲載の問題は、まさきつねさまが選ばれた内容を真央ちゃんご自身、また各著作権保持社様にお見せになったら案外OKが貰えるのではないか(宣伝にもなりますし)、と思っておりました。
これには大変時間も労力もかかりますし、良いお返事を頂けるとも限りませんが、ジュニアの頃からの真央ちゃんファンの私としては是非、まさきつねさまの特徴を捉え温もりも感じさせる挿絵と真央ちゃんの画像を一緒に、読み応えのある一冊の本として拝見し手元に置いておきたいと望まずにはいられず書かせて頂いております。
私は普通の主婦でこうした交渉の知識も経験もありませんが何かお手伝いさせて頂きたい程です。
2013.07.01 17:20 | URL | #V5TnqLKM [edit]
KEI says... "形式はどういった?"
まさきつねさま

書籍化と言っても、何種類かございます。
自己出版。同人誌のような形式で販売する。
一般書店での取り扱いを希望する。またデジタルか紙媒体か
それによってアドバイスや
意見もかなり違ってくると思いますのでもう少し具体的に
お話し下さると他の方も意見を出しやすいと思うのですが・・・。
2013.07.02 07:06 | URL | #fUnmc6zQ [edit]
まさきつね says... "ありがたいことです"
一読者さま

コメントありがとうございます。お手伝いのお申し出もありがたい限りです。

写真掲載の件は、撮影者や掲載先との折衝が必要になりますので、難しいかも知れませんね。
まさきつねの描いたスケッチは、原画によっては掲載できるかもしれません。
以前、塗り絵や着せ替え人形などのアイディアもいただきましたが、その辺りも含め、何か面白いおまけというか、企画がプラスできたらと考えています。

文章の方は、引用部分や個人名の削除や調整次第で、内容的にはあまり変更しないで済むかと思います。皆さまがこの記事のこの部分は特に掲載して欲しいというものがありましたら、またぜひお伝えくださいね。
2013.07.02 13:20 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "今のところ"
KEIさま

コメントありがとうございます。
形式ですが、基本的に紙媒体です。まさきつねはできれば活版印刷で、綺麗な本を作りたいと思っています。ただし、高価で豪華な本ということではなく、皆さまの手元で長く愛読していただけるような、ブログの抄本のようなものを考えています。

自費出版か一般書店への販売かということですが、著作権等の問題がクリアできれば、書店やアマゾンでも取り扱っていただけるという申し出がありました。
だらだらと長い部分を省略して、論文的な難しいものもある程度簡略化した、読み易いエッセイもしくは詩文に書き直すつもりです。

今のところ、この程度のイメージですが、いかがでしょうか。
2013.07.02 13:30 | URL | #- [edit]
ホビット says... "とても楽しみです"
私は、まさきつねさんの記事、どれも好きなのですが、「観戦評」「論評」のカテゴリの記事の、冷徹であり同時に暖かな、選手や試合への考察を、書籍としてまとめていただけたらなあと、思いました。タイムリーであるからこそ意味のあった記事もあるかとは思いますが、フィギュアスケートを軸にしたご本になさるのならば、やはり、試合やプログラム個々についての考察あってこそだと思ったからです。
それと同時に、ミルククラウンシリーズもいいですね。これですと、写真が使えなくても、ファンは、まさきつねさんのスケッチで、その写真を思い浮かべながら読むことができます。

なんだか、勝手な意見を述べましたが、一読者として読みたい観点から書いてみました。
全記事が希望なのですよ、実際は。
2013.07.02 22:51 | URL | #- [edit]
花屋 says... "祝、は早いですが、"
御英断に拍手拍手拍手。
楽しみ楽しみです。

初めは真央さん中心かな、と思ったの。真央さんを美しい蜘蛛にしてレースのごとき相関図。演目、音楽、衣装、歴史。
捉えられるのは華やかな蝶、異国の自国の友達ライバル達。
でもやっぱり蜘蛛はまさきつね様ですね。(蜘蛛嫌いなら御免)編み上げられるのを楽しみにしてます。

ブログのお名前のせいか、まさきつね様には林が似合う、いや林に招いて下さるのか。森よりも日差し明るく風通しの良いのは、自意識に自家中毒おこした閉鎖的ロマンチストでなく、論理の流れと知識の裏付けがある故でしょう。林の奥には甘いばかりのお菓子の家でなく、明るい気分のカフェがあり、わたくしはそこに閑雅な食欲を満たしにまいります。
2013.07.02 22:52 | URL | #sDFifbQE [edit]
wind says... "楽しみです!"
ご無沙汰しております。

まさきつねさまは、とても文章がお上手なので、
本を書かれたらいいのに、と以前から思ってました。
イラストもお上手なんですね。多才でいらっしゃる。
なんだかワクワクしてきました(^o^)
2013.07.03 06:44 | URL | #y65JgXPI [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.07.03 21:26 | | # [edit]
オレンジ says... "嬉しすぎて眠れません!"
書籍化、紙媒体なのですね!!

正直それが一番嬉しいです!!
こんな時代になりましたが、私は昔ながらの本という形態が一番好きなので。

フィギュアスケートを中心に芸術を語る、というコンセプト通りの、理知的で硬質な文体。
装飾的なきらびやかさではなく、日本語の持つ端正な美しさに彩られた文章。そんな言葉で
これ以上ないほど的確な表現で綴られるフィギュアや芸術のあれこれ。
どれを取り上げてほしいか、と言われるとどれもこれも捨てがたく、迷ってしまうのですが・・・
やはり年代別のプログラムと試合の分析、そして衣装についての考察は必須ですよね。

世界のトップアスリートでありながら日本で正当な評価を受けていない選手達の、真の魅力を
はっきりと書きとめて頂きたいという思いもありますが、エッセイとしての読みやすさやロマンチックなイメージも加味して頂いて、個人的には大好きだった「空中庭園の散歩」なんていう
サブタイトルなどが個々の章に付いたら素敵だな、と思います。

ちび黒猫真央ちゃんのまさきつね様の絵、中表紙とかに使ってもいいぐらいですね!
私あれを見て、生まれて初めて「萌え~~!!」っていう感情を理解しましたから(笑)
今後の作業が大変でしょうが、楽しみにしております。
2013.07.03 23:49 | URL | #aqzl0.Kg [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.07.04 07:25 | | # [edit]
まさきつね says... "長いおつきあい感謝です"
ホビットさま

コメントありがとうございます。

観戦評、論評のカテゴリは割と古い記事が多いですが、バンクーバー直後のさまざまな現状に警鐘を鳴らしたく、厳しい論調のものが続いていたと思います。まさきつねも思い入れの強い内容がいくつかあります。今でも皆さまに、興味深く読んでいただけそうなものを選んでいきたいと思います。

ミルククラウンのスケッチは、署名権に関わりないと判断されるもので掲載できたらと思っています。
また、お気づきのことがありましたら、重ねてコメントくださいね。
2013.07.04 17:15 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "優しい明るい林に"
花屋さま

コメントありがとうございます。
英断…になればよいのですが(汗)。

できるだけ美しい、叡智の林を目指したいと考えていますが、どうでしょうね。
そして気持ちがあまりにも重たく沈むような本ではなく、読後にほっと安堵できるような、優しい明るい内容にしたいと思っているのですが、いかがでしょう。

フィギュア界は何だかいろいろごたごたが多過ぎる気がしますが、勿論それゆえに、厳しい論調も必要なんでしょうけれども、せっかくの本ですから、あまり批判や議論に偏らないようにしたいのですが…
2013.07.04 17:22 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "いつも感謝です"
windさま

こちらこそいつもありがとうございます。

イラストは本当にお恥ずかしいレベルですが、出来るだけ皆さまに喜んでいただければと思っています。文章ももっと推敲を重ねて、書籍として恥ずかしくないものにしていきたいと思います。

引き続き、ご指導ご協力お願いします。
2013.07.04 17:27 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "初めまして"
-さま

コメントありがとうございます。

ご感想とてもうれしいです。参考にさせていただきます。
震災直後の記事は、どう扱おうかと思っていましたが、少しでもお気持ちに寄り添えたなら、それに越したことはありません。

フィギュア競技からは少しばかり離れますが、ぜひちゃんとしたエッセイにまとめて行きたいと思います。
また秘コメでかまいませんので、ご意見お寄せくださいね。
2013.07.04 17:31 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "長いおつきあいで感謝です。"
オレンジさま

コメントありがとうございます。
アナログ世代なものですから、やっぱり紙媒体なんですよね…喜んでいただけてうれしいです。

空中庭園のカテゴリは写真主体のつもりだったのですが、プログラムの考察がかなり大きいですので、その辺り、ほかの記事とまとめて、ある程度読み応えのあるものにしたいと思います。

黒猫真央ちゃん、気に入っていただけてうれしいです。まさきつねもかなり思い入れの強いデッサンなんですよ。デフォルメが強すぎて、お厭な方もおられるかもしれませんが、今のところ、ご批判は受けておりません(笑)。
拙ブログ、あまり手厳しいコメントをお寄せになる方がいらっしゃらないので、管理人は本当にお気楽で幸せですよ。大変ありがたいことだと、感謝しております。
2013.07.04 17:38 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "こちらこそ感謝します"
-さま

生意気なコメントなどとんでもないです。もっと忌憚のないご意見いただいても、感謝します。

そう、活版印刷は今日日、難しいかも知れませんね。本を開いた時のあの独特の匂い、たまらないのですが。費用などはもう少し、考察してみます。
写真の掲載は正直とても厳しいと思っています。ロイヤリティなどはとても換算できません。ですから基本はやはり、文章に重きを置こうと思っているのですよ。

フィギュア人気に便乗本という点はとても頭の痛いところですね。まさきつねも以前このブログで、岩崎夏海さんの記事を批判したことがありますが、フィギュア人気や浅田選手人気に便乗した内容と読者に受けとめられるのは、一番避けたいところです。
まあまさきつねとしては、このブログ自体がそういった意味ではあまり、純粋なフィギュアファンよりももっとほかの身体芸術や絵画、文学、音楽にご興味のある方のご訪問が多いように感じているのですけれどね。
実は正直な話、コメントでフィギュア村から出て行けと言われたこともあるのですよ(苦笑)。

それはともかく、フィギュアファン向けよりも、もっと広い読者層に向けて、フェアで深い考察の内容を目指したいと思います。どうぞまた、慧眼のご指導お願いします。
2013.07.04 17:57 | URL | #- [edit]
raku says... ""
遅ればせながら、書籍化とても楽しみにしております、という気持ちをお伝えしたくて・・・

浅田真央さんに関しては、文学、音楽、美術、哲学、医学などなど、本当に多方面の分野の方がたが、さまざまな視点からの考察を展開していますよね。そのどれもが、本気で真剣で大変興味深いものです。

まさきつねさんは何の分野というよりは、まさに“まさきつねさんの目”とでもいいますか、そんな分野をしっかり確立されたのでは、と思います。
そして“その時”が来たのですね(^_-)-☆

まさきつねさんのブログは、美しい言葉のみならず、美しい画像がおおいに魅力です。おそらく、画像の方はいくらか制限があると思うのですが、でもその美しくて深い文章は、思う存分ご披露ください!

まさきつねさんの世界が本になるなんて、なんて素敵なんでしょう♪♪
考えただけでもわくわくします♬♬♬
2013.07.07 23:06 | URL | #- [edit]
キャベツ says... ""
書籍化、おめでとうございます。

そして、楽しみにしております。

まさきつねさんの、思いのままの本、それが一番よいかと。

思いのままに熟慮されてかかれたブログの素敵さを思うと、
そのセンスのままの本を見せていただければ幸いに思われます。

大変な作業でいらっしゃるとおもいますが、楽しみにしています。
2013.07.08 01:04 | URL | #Dz3IqjWg [edit]
まさきつね says... "恥ずかしくないものを"
rakuさま

コメントありがとうございます。
そして温かいお言葉感謝します。

どこまで皆さまのご期待に添えますか、わかりませんが、できるだけ活字化しても恥ずかしくないものをまとめていきたいと思います。

今後とも温かいご指導お願いしますね。
2013.07.08 08:34 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "集大成に"
キャベツさま

コメントありがとうございます。
しなければいけない作業を思うと、本当にできるのかなと思いますが、皆さまからお言葉をいただくと大丈夫だろうと思ってしまいます。

このブログもたくさんの方に支えられてここまで来ました。
浅田選手の言葉を借りれば、書籍化もこれまでの「集大成」になればと思っています。
2013.07.08 08:42 | URL | #- [edit]
みちる says... "二重の喜び"
お久しぶりです。
しばらくぶりに訪ねてみましたら、たくさん更新されていて、それだけでもすごく嬉しかったのですが、それに加えて書籍化……!こんなに嬉しい知らせに出会えるなんて……!
まさきつね様のブログはとても読み応えがあるので、できれば紙でじっくり読みたい、そしてずっと手元に置いておきたいとずっと思っていました。それが叶うとは、大きな喜びです。
浅田選手のどこまでも透徹した演技と妖精らしさについて言及した記事は、是非入れてほしいです!
曲の解説やそれを踏まえたプログラムの感想、そのまさきつね様の詩のような文章も……!

……などなど、勝手な希望ばかり述べてしまいましたが、とても楽しみにしています!
2013.07.21 21:38 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "喜びになるようにがんばります"
みちるさま

ご訪問うれしいです。
書籍化はいつになるか皆目わかりませんが、ともかく年内にはと思っています。
やるべき作業が多くて、殊の外はかどりませんが、少しずつまとめの作業に入りたいと思います。

長い目でお待ちいただけたらと思っています(汗)。
2013.07.22 09:16 | URL | #- [edit]
紫のやまもも says... "真央ちゃんのイラスト"
まさきつねさん こんにちは、50代の紫のやまももと申します。 まさきつねさんの 真央ちゃんのイラスト だ〜いすき、大好きです!可愛いくてあったかいですね。 イラスト沢山いれて欲しいです。 書籍化、紙媒体化、大賛成です。さぞかし大変 だと思いますが、頑張ってくださいね! 私はアナログ人間なので 顔の見えないネットでの発言は苦手です。だから自分の知り合い達に 相手の顔を見て 真央ちゃんの置かれている状況を話してきました。 たとえ数は少なくとも、中高年の口コミ伝達力は恐るべし!だと思っています。 これからさらに暑い日が続きますが、どうぞお体ご自愛くださいね、今後の執筆も楽しみにしております。
2013.07.28 13:38 | URL | #Wi4TOtzo [edit]
まさきつね says... "ひたすらお詫び"
紫のやまももさま

ご訪問うれしいです。返信が遅れて、ごめんなさい。

私事で恐縮ですが、このところ妙なコメントに煩わされていたかと思えば、今度はアップルアイチューンズのアカウントを乗っ取られ、カードの不正請求に悩まされる日々が続いております。
デジタル社会の闇の部分と続けざまに向き合わされて、つくづくアナログ時代の不便だけれど温かな優しさ、対人の大切さに郷愁を覚えているこの頃です。

イラストについても、PC加工の出来るソフトを購入したものの、結局は使わず仕舞いというありさまです。決してデジタルの色味を全面否定しているのではなく、PC初心者ゆえに使いこなせないだけなのですけれどね…

でも文化や芸術というものは結局、人間の感性がとらえたものを、口づてに伝えていくしかないのだろうと思います。
世の中の流れに逆行しているようですが、人間はどこまでいっても生身なのですからね…ひととき機械やPCに操られても、最後はどうしたって自分自身のこころに正直になるものですよね。
まさきつねは最近いっそう、人間のむきだしの感情や欲望を尊く思うようになりました。
だからこそ拝金主義のデジタル頭脳の醜さに、尚更うんざりしているのでしょうね…

とか何とか云いつつ、リコメで記事の更新ができない言い訳を並べたようで申し訳ないです。
ほんとにダメダメな管理人ですが、皆さまどうぞ温かい目で見守ってくださいませ。
2013.07.31 01:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/481-e069afb2