月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一月の短歌 其の参

佳品嘆美38
レオナルド・ダ・ヴィンチ『洗礼者ヨハネ』1513-1516年


あたらしき年の晨に思ふかないまひとつ宇宙あるといふ説
(島田修二『春秋帖』)

.。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。. .。..。.


誰もが一度は思うだろう。自分にはもしや別の選択、ほかの人生があったかもと。だがそれは、光年の彼方にひらく朝の夢の欠片だ。



※※※※※



拙ブログへご訪問いただいた皆さま、温かいコメントを変わらずお寄せくださるモジさま、ホビットさま、踊り子さま、キャベツさま、Mさま、花屋さまはじめ多くの皆さま、本当に長らくのご無沙汰申し訳ありません。
皆さまのお言葉とお気持ちはありがたくいただいております。

まさきつねは息災でおります。
フィギュア報道の動向やいくつかのブログ記事も見ておりますが、言葉にて発する内容がまとまりません。
言い訳ではありませんがただひとつだけお伝えしておきたいのは、あのバンクーバーの年と同じ言葉を不用意に吐き出したくないという思いはあります。

皆さまもご存じの通り、浅田選手は変わりました。ジャンプの跳び方やスケーティングは勿論のこと、メンタルの強さもそのオーラも、さらに磨きがかかり、パフォーマンスの芸術的な美しさや完成度はもはや他の追随を許す領域にないと云って好いでしょう。

しかしスポーツ競技である以上、数値的な評価はどんなに無粋でも付いてまわります。そして数字ほど、世の中に欺瞞を蔓延らせるのに都合の好い手段はないのです。
今更、フィギュア・スケートがスポーツか芸術かと不毛な論争を繰り返すつもりはありませんが、このソチ五輪のシーズンをもって競技用のリンクを去る幾人かの選手たちとともに、身体芸術としての美学はその極限と終焉を同時に迎えることになるのだろうと、まさきつねは感じています。

無論、時代が移り変わるのは当然のことで、まさきつねは決して過去だけを尊ぶアナクロニズムを良しとはしませんが、たとえばルネサンスの芸術作品などを観るとき、たしかに「失われた時間は戻らず」、二度と訪れることのない豊穣の時代というものはあるのだと実感せざるを得ません。

現在や未来が悪いとは思いませんが、懐かしい過去の持つ優しさ、甘さ、美しさはまさに愛の夢です。

過去に思いをはせるとき、ひとは何を悔やみ、誰を悼むのでしょう。
もしかしたら違う人生、違う選択、違う結果を欲するのでしょうか。

ヨハネの差す指の先、そこに確かに啓示はあり、人は確かにたゆまぬ歩みを続けることができるのでしょうか。


誰もが迷い続けて、正しい答えなどいつまでたっても見つけられない人生ですが、それでも花は美しく咲き、鳥は楽しく啼いて、風は芳しく野辺を渡ります。

後悔も反省もない人生など誰にもありはしないと思いますが、せめて過去と同じだけの光が未来にも降りそそぎ、美に充たされた風景がこの先見つめる世界にもずっと広がってあるように、新しい年の初めに祈りたいと思います。


佳品嘆美39



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

Comment

花屋 says... "あけましておめでとう"
よき一年でありますよう
2014.01.02 09:38 | URL | #sDFifbQE [edit]
ホビット says... "ありがとうございます"
記事の更新、ありがとうございます。

浅田選手の今シーズンの進歩、まさに、大輪の花が開いたその瞬間を目にする喜びにひたりながら、一方では、この競技を運営する人たちは、「身体芸術の美学」を本当に忘れてしまったのだなと思い知らされました。

でも、やはり、ヨハネの指先には、希望があると信じたい。
2014.01.02 18:32 | URL | #- [edit]
オレンジ says... "輝く未来へ"
新年おめでとうございます。

まさきつね様がお元気でいらっしゃること。それがわかれば後はなにも申しません。
いつかまさきつね様の御本が発行されるのを楽しみに待ちつつ、ソチでの浅田選手の
輝かしい軌跡をここで皆様とわかちあえる日をずっとずっと心待ちにしております。

それまで真央さんの本と写真集を堪能しつくします!?
2014.01.03 11:35 | URL | #aqzl0.Kg [edit]
まさきつね says... "いつもすみません"
花屋さま

新年おめでとうございます。
いつも花屋さまのコメントで、長い眠りから起こしていただいている気がします。
ダメなブログ主で申し訳ないです…

シーズンが始まって、何となく記事をUPする時期を逸してしまい、そのうち何となくまた不穏な回転不足云々の判定論争が出てきて、あいかわらずの嫌な空気感で五輪シーズンに突入してしまったことに、すっかり文章を綴る気力が興ざめしてしまったという感じです。

今はソチ五輪の幕が下りたとき、「終わり好ければすべて好し」という思いでいられることを願うばかりです。良き年となりますよう、本当に心から祈りたいです。
2014.01.03 11:57 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "ヨハネの希望"
ホビットさま

コメントをいただきながら、返信もせず、すみません。
全日本の演技は男女ともどの選手も死力を尽くした闘いで、おそらく五輪以上に見応えがあったのではないかという気がしました。
それだけに、世界で羽ばたけるはずの多くの逸材が五輪の舞台を踏むことなく、片翼をもがれて去っていく後ろ姿に、涙を禁じ得ませんでした。

フィギュアスケートは身体芸術のひとつの極致であり、それゆえにもっとその個性が尊ばれるべきアート表現であるはずなのです。
しかし数字でしか判定できないスポーツの分野に属するゆえに、身体にかかる負荷があまりにも大きくなりすぎ、選手生命は年々短くなっているように思います。

浅田選手は本来、おそらくは次の五輪にも通用するだけの身体的キャパシティに恵まれていたと思います。
もともと彼女には無関係である判定を巡る競技環境の急激な変化、端からスポーツとは切り離されるべき政治や国際間問題、美という観点からは必要のなかった(とまさきつねは今も思っていますが)ジャンプ改造という、さまざまな重圧が、彼女を今の年齢での引退という覚悟に追い込んだと、まさきつねは考えています。

けれど向日性の強い花は、温室の中であろうと劣悪な吹きさらしの中であろうと、わずかな光を見つけて必ず美しい蕾を開かせます。
その花を「希望」という名前で呼びたいものですね。
2014.01.03 12:38 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "未来への希望"
オレンジさま

いつもご訪問ありがとうございます。温かいコメントもうれしいです。
いろいろお約束しておきながら、すべてが後回しになって申し訳ない限りです。

全日本の各選手たちの演技を観ながら、どうしてもこの競技の抱える多くの問題点に、犠牲になってしまった彼らそれぞれの事情に対する憤りを感じて、胸が痛んで仕方ありませんでした。しかし言葉にしようとすると、それが逆に彼らの足枷を増やすのではないかと躊躇われ、どうしても記事をUPできずにおります。

輝く未来をまさきつねも切望するのですが、何か誰かになあなあにされた着地点を用意されているいたたまれなさに、心底腹が立ちます。

とはいえ、それぞれの選手たち個人には誰も何も恥ずべき点はひとつもないのですから、それが未来への唯一の希望と言えるのかも知れません。

またまさきつねもぼちぼちと、記事と写真のUPを目指しますので、引き続きよろしくお願いいたします。
2014.01.03 13:01 | URL | #- [edit]
みのり says... "信じています"
まさきつねさま、お久しぶりです。

今年の浅田選手の美しさといったら、いったい何事でしょう。何度見ても、見るたびに驚くような心地がします。今までも美しかったけれど、今シーズンの美しさは、後光がさしています。いえ、浅田選手の中にある光が溢れ出しています。これがオーラというものなのですね。

スケートの神さまに愛されている、といった言い方もありますが、浅田選手こそがスケートの神さまだったんだなあ、などと思ったりもします。いえいえ、もちろん、生身の人間で、スケートが好きな若いお嬢さんだと、頭では分かっているのですが。ああいう美しさに、人は神を見るのでしょうか。

去年までは、はらはらするので試合をライブで見られないヘタレでしたが、今シーズンは、浅田選手が失敗する気がしません。ソチでは、必ず、自分の思い描く最高の演技ができると信じています。
2014.01.14 21:08 | URL | #6wH.DH8I [edit]
スーザン says... "強い気"
まさきつね様おじゃまします

今年に入り、まさきつね様のブログに動きがあり嬉しかったです。
陰ながらその時を待っていました。

久々にコメントさせて頂きます。

私は今期のチケット争奪戦の中、なんとかちょこちょこ観戦できてます。

オリンピックが近づき、周囲の雑音が目立ってきました。

全日本の後、正直ファンとして雑音に悶々とする日々でした…
昨年のテレ東京の番組でスルツカヤが言っていました
頭を指し、オリンピックに必要なのは
「ここなのよ、ここ」と

メンタル

でしょうか

私達ファンが今、真央ちゃんにできることは
強い気持ちを送ることではないでしょうか
観戦に行って感じているのですが、真央ちゃんの時、私達ファンは、彼女が好きだからこそ、ハラハラドキドキしてしまう…
無意識に不安とか、負のパワー的なものを発し、真央ちゃんの空間に何らかの影響を及ぼすこともあるのではないかと思いました…

真央ちゃんを信じてないってことです

応援してるようで
していない

自分達がそんな弱気でどうする
と決意新たにしました

真央ちゃんも完成形だと言っていたGファイナルのショートプログラム

あれは誰が何といおうと素晴らしいトリプルアクセル

あの達成の瞬間と喜ぶ真央ちゃんの笑顔、包み込む観客

オリンピックの舞台でのあの瞬間を毎日イメージしています

みなさんで日本から強いパワーを送りましょう

真央ちゃん
あなたは強い

待ってました
真央ちゃん
行け~





2014.01.26 20:30 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "自分のために自分の演技を"
みのりさま

ご訪問うれしいです。返信が遅れに遅れてごめんなさい。
仰る通り、今シーズンはもう、まさきつねもどこか浅田選手は大丈夫という気持ちで、余計な発言は控えようと腹をくくっております。

美しさも強さも群を抜いています。それもうわべだけでなく、中から滲み出ているような気がしますね。
ただ笑顔だけを皆に届けたいという、彼女の真摯な気持ちが伝わってくるからでしょうか。

ソチまであとほんの少しという時期になりましたが、まさきつねはこれまででもう充分、浅田選手から贈り物をもらっているような気がするのです。
オリンピックの演技は確かに彼女の集大成となるとは思いますが、誰のためでも国のためでもなく、ただ自分のためにだけ滑って欲しいとこころから思います。

浅田選手が彼女自身のスケートを滑り、彼女自身の人生を生きるということのみが、すべてのひとに自分の人生を大切に生きるための力を与えてくれるように思うのです。
2014.01.26 22:22 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "応援できる喜び"
スーザンさま

ご訪問うれしいです。熱いコメントもありがとうございます。

仰るように、スポーツにメンタルは大事だと思います。メンタルを自在に操ることができれば、プレッシャーやピンチを巧く脱することができるのだろうと思います。でも言うは易しなんですよね…

とはいえ浅田選手に関しては、今やメンタルを云々する次元にはないような気がします。これまでにもう、さまざまなハプニングも、リスクも乗り越えてきて、どんな場面でも、その時点での最善を尽くす選択ができるようになっているのではないでしょうか。

それに比べるとファンの方はまだまだ甘いかも知れませんね。

話変わりますが、『おおきく振りかぶって』という野球漫画の中で、一番応援している筈の親や身内がスタンドで溜息をつき、がっかりした空気を作るのが、最も最悪に選手のやる気を奪うという一節がありました。
応援団を始め応援する人間は、選手以上にポジティブ・シンキングを身に付け、常に前向きの姿勢のスタンドを保って欲しいという主旨だったと思います。

今から思えばバンクーバーのときの応援は、どこか他国の某選手についてあまりにもこだわり過ぎで、どこか端から悲愴な一面があったように思います。

天賦の才能と潜在能力、そして実力、すべての面においてどの選手よりも抜きん出ている浅田選手を、あの当時は応援する側が信じ切っていなかった、それが結果に現れたということだったのかも知れません。

繰り返し書きますが、人間は数値に惑わされるものです。どんなスポーツにおいても、内容を吟味すれば僅差だったり、実力はむしろ反転していたりするのに、数字に出た結果しか重視されません。
スポーツのシビアな側面としては当然のことではありますが、応援する人間は、もっと自分の信じている選手のすべてをリスペクトし、結果ではなく、その内容に声援を送るべきだと思います。

フィギュア・スケートはスポーツです。でもその芸術性をスポーツの領域を越えた次元に高めたのは、女子ではまぎれもなく浅田選手です。
彼女の前にも後にも、その美しさと魅力を越えるパフォーマンスは出現しないでしょう。

ただポジティブに、前向きに応援しましょう。
同時代で観戦でき、応援できる喜びを、まさきつねたちは幸いにも与えられたのですから。
2014.01.26 23:23 | URL | #- [edit]
スーザン says... "その瞬間を見れる幸せ"
まさきつね様ありがとうございます。

本当ですね。真央ちゃんはもう違う域にいる…誰よりもプレッシャーがかかる中、幾度となく真剣勝負を重ねてきました。
後ろだてのある勝負をしてきた人には到底知り得ない、本当に真っ向から立ち向かったアスリートにしか分からない世界…

浅田真央にしか分からない世界

ファンとして真央ちゃんの健康、ベストコンディションでその瞬間を迎えることを祈るのみ、そして、そのしびれる瞬間を応援できるだけで本当に幸せですね。
まさきつね様からコメントを頂き、はっとしました。

ファンはそれぞれに真央ちゃんへの思いと感謝をその瞬間に重ねて

わくわく
そして私は元気で明るい応援をしたいと思います。
話しは変わるかもしれませんが

グランプリファイナルのショートは本当に素晴らしかったです…

衣装もどちらかというとファイナルの方が好きなのですが、
リンクに立ち、ポーズをとった瞬間から
「お姫様だ…」
ジャンプを決め、リンクの端でカーブを描きながら、真央ちゃんが嬉しそうにニコッと笑った時、画面にぱっと華が咲いたようでした… あの瞬間が私はとても心がゆさぶられます。

他の選手でも演技中の喜びが伝わって感動することがありますが、申し訳ないのですが…画面にぱっと華が咲くのは、やっぱり真央ちゃんだけ…

ノクターンの美しさに終始ぽか~んと口を開けて、ただただ「きれい…」としか言葉が出てきません。

まさきつね様が常々おっしゃるよう

これからも、ありのままに真央ちゃんの美しさを感じていきたいと思います。
2014.01.27 12:35 | URL | #xfqmq27E [edit]
花屋 says... "いよいよですね"
いよいよです。

色々な言葉が使われましたがなんだかね、正しいかもしれない必要かもしれないけどある種の不健康な言葉の数々に疲れてきました。無論使わざるを得ない状況にも。
この際、もう自分の涙腺を頼りに見ようと思います。泣かされちまったら私の負けでいいです。何がいいんだかわかんないけど。
2014.02.05 17:49 | URL | #sDFifbQE [edit]
まさきつね says... "自分のこころの琴線に"
花屋さま

コメントうれしいです。本当にいよいよです。

どんな結果でも、まさきつねも泣くと思います。そしておそらく、それは悔し涙でもうれし涙でもなく、ただ美しいものを観たという感動の涙だと予測しております。

未だに下卑た言葉で、選手の演技を貶める人間たちが多いです。逆に、あいかわらずくだらない褒めそやし言葉で、ある種の演技ばかり持ち上げる輩も後を絶ちません。
折しも、俗悪なゴーストライター事件がマスコミを賑やかせています。
無論、なりすました作曲家もどきやゴーストライターの非が責められるべきでしょうが、作品の本質を見ず、金の生る木に群がって、天才神話のファンタジーを作り上げた周囲の人間たちの罪深さも、同様に弾劾されるべきなのでしょう。

結局は、自分の眼で見、自分の耳で聞き、自分のこころの琴線に触れるものを信じる、それに尽きるのだと思います。
2014.02.07 19:32 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "もうじきその瞬間"
スーザンさま

このたびも返信遅れてごめんなさい。
フィギュアの衣装は毎度物議を醸しだしますが、これもこの競技ならではの愉しみですよね。

まさきつねなどは、選手たちが練習用のタイツで滑っていても、かえって演技の骨格が見えてくるので面白かったりしますが、やはり本番の衣装は格別ですよね。(でも、タイツにざんばら髪で滑っている浅田選手も可愛いですよねえ)

団体戦が始まって、いよいよという気持ちになりますね。
とにかく怪我なく、団体戦を乗り切って、あまり負担のない形で個人戦に突入して欲しいと思います。

SPを繰り返し観られるのはファンには嬉しいことですが、やっぱり肝心の個人戦の前に、余計なリスクを負ってほしくはないですものね。
2014.02.07 20:27 | URL | #- [edit]
スーザン says... "独特の雰囲気"
まさきつね様コメントありがとうございます。
昨日の雪の影響、体調等、大丈夫でしたでしょうか?

いよいよ始まりましたね。ファンとしても団体戦はまだなじめない感じはありますが、とにかく出場選手ののケガがないことを願います。
真央ちゃんが始まる前のあの独特の雰囲気、バンクーバーとはまた違うものを感じました。羽生くんを観戦したラジオ局のレポーターが、完全アウェイだったようなことを言ってましたが、やっぱりオリンピックっていうのは「国対国」感が前面に出てきますね…。正直ロシアって意外と?あからさまなんだ…と思いました。
テレビ越しの感覚なんで、実際の雰囲気はわかりませんが…

アクセル、真央ちゃん、悔しかったと思います。 試合後真央ちゃんは自分の演技ができなかったといってましたが、スピンにしろ、ジャンプにしろ、美しさにみがきがかかっていいたと思います。

真央ちゃんは毎年プログラムごとににいろんなスピンの表現をみせてくれますが、特に昨夜のノクターンのスピンは芸術だわぁとみとれてしまいました。素人なのでへんてこな意見かもしれませんが、スピンもただ音楽と合わせるのでなく、絶妙な間っていうんでしょうか、真央ちゃんのあのスピンは余韻が残ります。演技一つ一つの技をみていて、日々努力して磨いてきたんだなぁと、しみじみ思いました。佐藤コーチとのやり取り、積み重ねを想像したり…

何より、真央ちゃんの腰の状態が良さそうで、ほっとしました。


とにもかくにも、真央ちゃんが心身ともにベストコンディションで、個人戦をむかえられますように!

フリーの衣装も楽しみです!
2014.02.09 15:10 | URL | #M3XQ4zfU [edit]
まさきつね says... "独特の雰囲気を"
スーザンさま

たびたびご訪問いただき、感謝です。コメントもうれしいです。
久しぶりの積雪で驚きましたが、まずまず大丈夫です。

団体戦はお祭りのようなものと受けとめるしかないでしょうね。でも初めての試みとしては、まあまあの出来だったのではないでしょうか。
浅田選手に関しては、公式練習のようなものと考えればいいかなと思いました。団体としてのフリー進出がかかっているという、今までにない変なプレッシャーが妙な緊張を生んだ気もします。
個人戦までまたしのごの、マスコミがご託を述べるでしょうが、応援席にネガティブな空気感を作るのだけはやめて欲しいものです。

浅田選手には、彼女の実力で掴んだ五輪なのですから、思いの丈楽しんで、やりたいことの限りを尽くして欲しいと思います。
フィギュアは彼女にとって青春なのだと仰ったブロガーさんがおられました。まさきつねも、フィギュアは浅田選手の青春であり、心躍るような冒険なのだと思います。
だからどんな失敗も畏れないで、ただ望みのものを求めて、空高く飛んで欲しい。

五輪の雰囲気も、選ばれたひとの特権として、今を限りと味わい尽くして欲しいと思います。
2014.02.09 23:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/490-26b4aad3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。