月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

こころがふるえた

フィギュア334-1


深夜四時二十分…こころがふるえた。


ジャンプのミスを重ねて、身体に追いつかない気持ちを抱えて、それでも最後まで、ノクターンの旋律をなぞり続けてゆくあなた。

あなたが冒頭に跳んだトリプルアクセルを失敗と簡単に言い捨てる人間たちには、プレッシャーに負けたとしたり顔で解説する人間たちには、あなたの挑戦の価値をどんなに言葉を尽くして説いたところで、ほんの露ほども理解してはもらえないのだろう。

あなたのトリプルアクセルは、もう何年も前からレジェンドなのに、あなたしか挑戦することも出来ない演技なのに、何故その凄さを、その素晴らしさを、その意義の重さを、もっと誰もが口をそろえて讃えようとしないのか。

疑問符だらけの順位や得点などどうでもいい。

失敗や転倒だってどうでもいいのだ。


あなたはひとり、女子選手の誰もが跳ばないトリプルアクセルに挑戦し続けてくれた。
孤高の闘いに、言い訳もせず、ただ挑み続けてくれた。

ほかの誰もやらないことを、ひとり続けるその辛さ、孤独を、どれほどの人間が理解していたというのだろう。


あなたの積み重ねた日々が、鍛錬と努力に明け暮れた時間が、こころと身体のちぐはぐなあなたにも、宝石のように煌びやかなステップを踏ませる。

美しくあることの誇り、祈りを、伝えてくれる。


あなたのスケートは芸術だ。

もうとっくに分かっていたはずのことなのに。


フィギュア334-2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


花であることでしか
拮抗できない外部というものが
なければならぬ
花へおしかぶさる重みを
花のかたちのまま
おしかえす
そのとき花であることは
もはや ひとつの宣言である
ひとつの花でしか
ありえぬ日々をこえて
花でしかついにありえぬために
花の周辺は適確にめざめ
花の輪郭は
鋼鉄のようでなければならぬ
(石原吉郎『花であること』)



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.02.20 20:08 | | # [edit]
miya says... ""
ありがとう。

言葉をありがとう。

真央ちゃんありがとう。
2014.02.20 20:27 | URL | #- [edit]
シュシュ says... ""
うん。

真央さん、

まさきつねさん、ありがとう。

今夜も応援し、どんなときも真央さんの芸術をみまもり
どんなんときも心は彼女のそばに。
2014.02.20 20:44 | URL | #xhB5F9B2 [edit]
花屋 says... "世の中に"
世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし


いえいえ桜のない春などに花のない人の世などに、なんの楽しみがありましょう。
まさきつね様ありがとう
2014.02.20 21:02 | URL | #sDFifbQE [edit]
まさきつね says... "ご訪問くださった皆さま、コメントをくださった皆さまへ"
いつもありがとうございます。
まさきつねでさえ、皆さまのお蔭で言葉を発する力が湧いてくるのです。

浅田選手に寄り添って、その演技を見守り続けてください。
彼女のようなスケートは、彼女にしかできないことを、観客一人ひとりが自分自身の眼で確かめてください。

世界中探してもどこにもいない、誰も代わることができない、唯一無二の選手です。
2014.02.20 21:02 | URL | #- [edit]
踊り子 says... ""
気持ちがくじけてしまいそうな一日でした。
それでも、しっかり前を向いてやるべきことをやろうと自分に言い聞かせてきました。

どうして真央さんのスケートはこんなにも心を揺さぶるのでしょう。
純粋で真っ直ぐなスケートへの思いがそこにあるからでしょうか…
伝えよう、ではなく、自然に伝わってしまう、スケートそのものが表現となって存在する。


唯一無二

そうですね。

感謝の気持ちをもって見守っていきたいです。

まさきつねさまの言葉にも感謝です。
2014.02.20 22:27 | URL | #3cfJX5.E [edit]
ホビット says... "ありがとうございます"
明け方から、説明のつかない気持ちにさいなまれていましたが、ふと、まさきつねさんを訪れたら、救われました。

そうです、世界中探してもどこにもいない選手。
見守ります。
2014.02.21 00:14 | URL | #- [edit]
ことり says... "ありがとうございます"
初めまして。

まさきつねさんのブログ、昨年4月「花を摘む人」から出会って、むさぼるように拝見していました。

(お気に入りは、「花を摘む人」のページです。何十回開いたことでしょうか。)


まさきつねさんの解説と、その美しい言葉に、どんなにか慰められたことでしょう。

9月以降も、更新がないか・・と訪れては、過去のブログに訪問し、4年前にはわかっていなかったけれど、今はわかるようになったことが、もう既にそこに書かれており・・・

そのたびにこれまでの出来ごとを巡ってどのような思いをなさってきたのか・・・と、頭がさがりました。

SPの前にも後にも、いとも簡単に浅田選手の挑戦を片付ける人もたくさんいて・・

勝手なことを言い捨てたり・・・

切なくて苦しくて、でも、今一番苦しいのは浅田選手なのだと言い聞かせて、祈るような気持ちでおりました。

フリーのあとに、まさきつねさんのブログを訪れたのですが、本当に、どの言葉も「ああ、そう言いたかった!でもでてこなかった言葉・・」と、
頷くばかりでした。


言葉にしてくださって、ほんとうにありがとうございました。





2014.02.21 10:31 | URL | #D6FuFVYM [edit]
まさきつね says... "すべての祈りが"
-さま

秘コメントありがとうございます。娘さんとフリーの演技をご覧になられましたか。

素晴らしい演技でしたね。すべての人の祈りが届いたような四分間でした。
2014.02.21 21:37 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "ありがとうは素晴らしい言葉"
miyaさま

コメントありがとうございます。
みんなの感謝のこころがつながって、浅田選手に届きましたね。
2014.02.21 21:39 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "Re: タイトルなし"
シュシュさま

コメントありがとうございます。

工芸品はどんなに巧緻でも瑕があれば価値が下がります。
真の芸術は瑕があっても、たとえ欠けても、その美しさに変わりはないのです。

浅田選手のスケートは芸術。だからいつまでも誰もが見守っていたいと願う、光なのです。
2014.02.21 21:46 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "ひさかたの"
花屋さま

いつもご訪問ありがとうございます。
花があって、光があって、そして涙するひとがいるのが人生ですね。

ひさかたの光のどけし春の日にしづこころなく花の散るらむ
2014.02.21 21:49 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "唯一無二"
踊り子さま

コメントありがとうございます。

浅田選手のスケートは彼女のいのちの顕現なのだと思います。彼女自身とともに息づいている、いのちのすべてなのだと。
観客のこころが揺さぶられるのは、軽薄で恣意的な表現など足元にも及ばない、いのちの純粋な輝きに生で触れさせられるからです。

世の中に女王もメダリストも掃いて捨てるほどいます。無論それらに価値がないとは言いませんが。

浅田選手が唯一無二なのは、何の称号も肩書きもなくても、浅田真央であることそれがすべてで、それ以外に何ひとつ必要のない存在だからだとまさきつねは思っています。
2014.02.21 22:22 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "真央のレジェンド"
ホビットさま

ご訪問ありがとうございます。
世界中どこにもない演技、古今東西誰も為し得ない演技が披露されましたね。

この演技にメダルが与えられないことが、レジェンドなのだと思います。
2014.02.21 22:28 | URL | #- [edit]
まさきつね says... "真央の奇跡"
ことりさま

初めまして。コメントうれしいです。
過去記事にもお目を通していただいて、ありがとうございます。

今まさに韓国が五輪における不正採点を騒ぎ立てていますね。バンクーバーに対するロシアの意趣返しです。驚くに当たりません。騒ぎが酷くなれば自分の首を絞めるだけです。それが分かっているので、キム選手自身は当たらず障らずの姿勢でしょう? これまでフィギュアの審判は絶対で不正採点などあり得ないと、浅田選手のファンをさんざん『マオタ』呼ばわりして牽制していた輩は、どのように態度を豹変させるのか見ものです。

もうひとつは団体戦…、『花を摘むひと』の記事でもさんざん書きましたが、まんまとロシアの術中にはまって、今回、日本の女子は痛い目にあいましたね…。結局は五輪のメダルなんて、国同士の威信がすべて、振り回される選手はたまったものではないとつくづく思います。

とはいえ、頂点を目指す選手たちの純粋な思いや努力は、決して穢れてもいないし無価値でもないと分かっていますから、政治やマネー・ゲームにこれ以上利用されることのないように、組織やスポーツ・ファンたちが彼らをしっかりサポートできればと願います。

浅田選手のような優れたアスリートには、もっと早くから、もっと多くのサポートやケアがあってしかるべきでした。
繊細なこころを、無垢な気持ちを、真摯な挑戦を、もっともっと大事に守って、その夢の届くところまで強く支えてあげるべきでした。
フリー演技のあとにこぼれた浅田選手の笑顔だけが、彼女が摘んだ時間の花束に似あうものだったと、胸が痛んで仕方がなかったです。ただ、メダリスト以上に多くのひとを涙させ、感動の渦に巻き込んだフィギュア選手はこれまでにいなかった、これがソチの奇跡だったんだなとまさきつねは思っています。
2014.02.21 23:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/492-b0b471a8