月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

銀色の雨

〇水の素描41


何を刻むstargazer星屑の軌跡の淋しきひとの恋しき


白鍵におどる左手 花冷えの闇に燦(きら)めくショパンのトリル


空からは銀色の雨の一滴(ひとしずく)汝(な)が去りし後のバスの停車場


ゆめはゆめと知りつつながむ白昼の回廊ぬけて黒揚羽(くろあげは)とぶ


ブロッコロゆでこぼす朝気づく余白 旅びとゆけるあとの食卓



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/521-5f0235b7