月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オッターバの秋の空


秋天や最も高き樹が愁う(木下夕爾)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、お伝えした高橋選手に続き、浅田選手のインタビュー記事が上がってきた。高橋選手のと同様、さほど目新しい内容ではないが、新シーズンに向けて意欲の垣間見える言葉が並んでいる。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「大人の女性演じる」フィギュア女子・浅田に聞く

フィギュアスケートのバンクーバー冬季五輪銀メダリストで世界選手権で優勝した浅田真央(20)=中京大=に、本格的なシーズン開幕を前に意気込みなどを聞いた。(井上将志=共同)

世界選手権連覇へ意欲

―オフはジャンプ改造に取り組みましたね。
バンクーバー五輪が終わった瞬間から、昔のジャンプを取り戻したいとの思いが強くなった。時間がたてば、もっといいものになる。

―九月には佐藤信夫氏を新コーチに迎えました。
日本人男性のメーンコーチは初めて。落ち着く、という印象が強い。自分にはおじいちゃんがいないので、おじいちゃんみたいな存在かな。心の強い方で、68歳には感じられない。今でも滑って見せてくれる。

―今季の演目は。
ショートプログラムはタンゴで大人の女性を演じる。フリーはリストの愛の夢。自分の思いをそのまま滑ればいい。目標はバリエーションの多いスケーターになること。いまやっている恋の表現に、力強さ、切なさ、コミカルさ…。大人になれば、作るのではなくて自然と出てくる。

―いま恋とかは。
してないです。今はあまりしたいとも思わない。自然にそういう人も現れると思う。理想は白馬の王子様? そこまで夢見る夢子ちゃんじゃないですよ。

―20歳で臨む今季へ。
大人の仲間入り。新たなシーズンで。新たなスタートになる。最終的には(二連覇が懸かる)世界選手権で自分が一番求めている最高の演技ができるようにしたい。昨シーズンの自分を越えるように。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

バリエーションの幅広さを考えていたとは知らなかったが、コミカルさも含んだ演技を目指したいと思ったのは、プルシェンコとの交友の影響だろうか。無理をせず、大人として成熟したら、自然にできるようになると考えているあたりは、その通りの言葉を先輩スケーターの誰かから告げられたのかも知れない。

恋に関しても同様で、そのうちときめく人が現れるからと、誰かに恋バナでも聞かされたのかなと思う。申雪・趙宏博ペアの結婚式参加も刺激になったかも知れないが、スケート関係者との恋愛を考えている様子はなさそうだ。こちらも時の流れに身を任せ、自然体であろうとしているのだろう。

(それにしても「白馬の王子様」っていつの時代の話かと思うが…、今どき少女漫画でも非現実的な感覚だが、「夢見る夢子ちゃん」もまだ死語じゃなかったのかとびっくりしたニャン。)

                    ※

日ごと空が高くなる。

畔の向こうに空一面、紗を掛けたような秋の雲が広がり、土手には黄花コスモスが群れを為して風に揺れている。秋の陽だまりで、猫とうつらうつらしながら浅田舞さんのオッターバの放送を聞いた。

☆《浅田真央》浅田舞ネットラジオの真央に関するところ抜粋しました。☆
o0450025310800635081.jpg


秋の空には名前が多い。さば雲、いわし雲、うろこ雲、ひつじ雲…どれも似ていて少しずつ違う。


茜色に空が滲みはじめて、過ぎた日に感謝する。

☆そうだ!(Mao Asada)☆
c0206758_23324989.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ぽちお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
blogram投票ボタン


また少しお久しぶりです。
「夢みる夢子ちゃん」とはさすがに40代の私もまず使わない言葉ですが、しいて言えば山田コーチあたりなら口にされたことがあるかも(笑)・・。
お顔を見ていると「かわいいかわいい真央ちゃん」と思わずこちらの頬がゆるんでしまうのですが、20歳なんですよね。自分が20歳だったころのことを思えば、そりゃぁ恋愛だってアタリマエだし、「かわいい真央ちゃん」扱いばかりされてももうご期待には添えません、という年頃ですね。
浅田選手には、こういうのは似合わないだろう、というようなものを思いつきません。どんなプログラムもやれそうじゃありません?
2010/10/21(木) 午後 2:38 [ pke*k*_pi_n*an ]

pke*k*_pi_n*anさま
ご訪問うれしいです。
確かに、山田コーチ(!)の言葉かも知れませんね。古い年代の人と触れ合っている若い人が時々懐かしい言葉を口にするのは、とても微笑ましい気がしますね。
日本ではスケーターをアイドル扱いし過ぎると、モロゾフコーチが苦言を呈していましたが、安藤選手も浅田選手もタレント紛いに持て囃されても奢ることなく、一流選手として成長しましたね。
仰るとおり、浅田選手に演じられないプログラムなどないような気がします。安藤選手も今季EX三つという法外な挑戦をしてのけましたが、今の彼女たちにはどんな無茶も出来てしまいそうですね。
点を獲るだけのプログラムに専心せず、観客に魅せる演技を念頭に腐心してきた証でしょうね。
2010/10/21(木) 午後 4:21 [ まさきつね ]

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/80-e0181752
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。