月船書林

フィギュアスケートの話題を中心に芸術を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の司書

2009-9-26-1.jpg

十月の月のしずくにぬれて読む革背表紙のファーブル昆虫記


野に立てり黄色き十字架落穂拾う涙なき眼の無頼(ぶらい)の祈り


美しき名をもてる野に今朝止まる汽車のタラップを降りてくる秋


星が還る森を探すと君は云う透き通る秋の地図をひらいて


月読(つくよみ)の木漏(こも)れる窓に書物(ふみ)ひらく汝(な)が白き腕にはしる聖痕(せいこん)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ぽちお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
blogram投票ボタン



いいっすねえ、
気に入りました。
2010/11/3(水) 午後 4:40 [ 水がめ座 ]

水がめ座さま
ご訪問ありがとうございます。
拙歌は不定期で掲載しています。フィギュアは芸術の鑑賞録ですが、こちらはイメージの備忘録のようなものです。
またよろしければ、お立ち寄りください。
2010/11/3(水) 午後 7:16 [ まさきつね ]
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maquis44.blog40.fc2.com/tb.php/85-1b1ca1c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。